85 Views

久しぶりにセレニティについて調べて見たところ、なんと先月に自己破産をしていたようです。

セレニティの破産時期とその内容

SERENITYは、バーチャル空間上での投資勧誘を手掛けていた。バーチャルの土地売買、ネットカジノ、オンラインゲームなどを投資対象とし、個人を含む多数の投資家から資金を集めていたが、事業は軌道に乗らず業況が悪化。投資家への配当や償還が困難となり、2021年7月頃には事業を停止していた。

引用元:個人投資家など約7000人が被害 バーチャル空間での投資勧誘の(株)SERENITYほか3社が破産(東京商工リサーチ) – Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/aed4758c47ff5636e206ab234767ce528aeb95f9

破産手続開始申立てのご連絡
当社は、令和3年8月26日、東京地方裁判所に対し、破産手続開始の申立てを行い、本日午後1時、東京地方裁判所から破産手続開始決定が出されました。詳細は下記「申立ての概要」をご覧ください。

 また、当社の関連会社であるREDM JAPAN合同会社及び合同会社次世代型投資ストラクチャー(以下、総称して「関連会社」といいます。)につきましても、令和3年8月26日に、東京地方裁判所に対し、破産手続開始の申立てを行い、本日午後1時、東京地方裁判所から破産手続開始決定が出されました。詳細は下記「申立ての概要」をご覧ください。

 今後、当社及び関連会社については、破産裁判所及び破産管財人のもとで破産手続を進めていただくことになります。

 この度は、債権者の皆様、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしますこと、心よりお詫び申し上げます。

令和3年8月31日
株式会社SERENITY
代表取締役 園田 正文

引用元: http://serenity-info.com/

5月には進捗があったとお伝えしており、セレニティキングダムがもっと素敵なバーチャル空間になるのを楽しみにしていただけに、残念ですね。

今回の破産では、株式会社セレニティ以外にも関連会社3社も破産開始となっおり、負債総額は約20億6670万円
と報道されています。また、債権者は個人投資家を中心に合計で約7000人ほどとなっています。

セレニティとともに園田会長も自己破産に。

9月29日に追記される形で以下のPDF文書が公開されていました。

http://serenity-info.com/2021/09-29/faqs.pdf

文書によると、法人が破産した場合、たとえばセレニティ内で手に入れていた利益の支払い義務はなくなりますが、
投資をされていた方、破産債権者への配当(返金)は破産会社の残っている財産からの分配になり。負債総額を確認していると返金は望めなさそうです。
また、分配するほどの財産があるかも9月29日時点では判明してはいないようです。

財産状況報告や債権者説明には今後公開される破産管財人ウェブサイトにて報告されるようです。

この破産で、同時に代表の園田正文会長も自己破産申請が行われることとなりました。
法人と代表者は別人格の為、会長も自己破産申請が行れるということは保証人になっていた可能性があります。
しかし、上記のPDF文書内では、保証人の件については触れておらず、また会社債権のみをお持ちの場合、会長個人の破産手続きには関与できないと記載があるので、連帯保証人であったというよりは、別の理由で破産することとなったのかもしれません。

セレニティは詐欺だった?経緯の不明点と仮想通貨

SERENITY KINGDOMのサイトの進捗状況やTGRLANDの内容を見ていると、どうしてもそういう風に見えてしまいがちです。
今回に関しては前述の文書ないで破産に至った経緯が記載されています。

serenity-info

こちらでは正当な理由の支払不能のように記載されていますが、一部では上記の方と同じように詐欺も疑われているようです。
一時や配当やTGRLAND内で遊べるゲームもあり、仮想通貨案件での疑惑が出ているような案件では今回のように破産管財人が表立ってくることはあまり多くはなかった印象があるのでセレニティやバーチャルランドに関わっていた人すべてが悪心を持っていたとは考えられないです。

園田正文会長にしても、詐欺を行っていたとは考えにくいです。園田正文会長より表立って宣伝されていた方がいた気がしますが、その方たちはどこに行ったのだろうとは思います。

tgr landは怪しいと言われていたが、実際のオンラインパチンコゲームは

オンパチも遊べるようにはなっていたtgrland(ONEREVERSAL)ですが、実際はあまり人が来ることもなかったようです。
別会社のオンラインパチンコ店も若干登録者が伸び悩んでいる印象があるので、オンラインパチンコ自体があまりネット向きではないのか、あるいはパチンコ業界ゆえにオンライン系は何かあるのかもしれません。

昔の台で遊びたいという気持ちでオンラインパチンコで遊んでいた方もいるかと思いますが、そういう場合は777Realなどの景品ありのパチンコアプリなどをプレイされてはいかがでしょうか。

遊ぶ目的ではなく、稼ぎたいという気持ちが先行されている方は、オンパチよりもオンラインカジノで遊んでみてはいかがでしょうか。
オンラインカジノですと、あいまいな部分も多いオンラインパチンコよりも信頼性の高いサイトも多く存在します。

また、パチンコはなくともスロットはオンカジ内で遊べるので、パチンコアプリとオンカジを切り替えながら遊んでみては?
スポーツブック・eスポーツブックと呼ばれる海外の賭け事もあるので、スポーツ観戦が好きな方ならそちらで趣味も含めて遊んでみても良いかと!

⇒ 公式サイトオンラインカジノ【minny casino】へ無料登録

また、ボンズサイトでは「ファイナンス」という項でバイナリーオプションという超短期での為替相場予測で遊ぶことが可能です。

ボンズカジノ 記事一覧

・ボンズカジノ限定Book of Bonsは口コミ評判ボーナスコード超え
https://minny-casino.com/2020/11/12-post-1-2/
・キャッシュバック制度あり!今年日本進出のボンズカジノ
https://minny-casino.com/2020/07/17-post-1/