129 Views

つい先日、VRライブにてメタバース要素を取り込み、新しいコミュニケーションサービスのへのアップデートを行った企業があります。

VRライブプラットフォームのVARKが6億円調達、メタバース要素取り込む
ttps://www.moguravr.com/vark-funding/

近年ではOculusやHTC VIVEなどのVR機器で接続された先の仮想空間を現実世界の仮想化された場所として生成し、メタバース化することで、新しい産業・エンターテイメントを作ろうとしている人が増えています。

metaverse(メタバース)でできること

そもそもこの、メタバースについてですが、メタヴァースという言葉自体はイギリスのSF作家が生んだ「meta-」と「universe(宇宙)」の合成語と言われています。metaは高次の、という意味の接頭辞で、ユニバースと意味を合わせると「高次の宇宙」、本来なら4次元のこととなりますが、この作家はインターネット上における仮想空間の事を呼んでいました。それが現在においても利用されるようになっています。

一節では現在の世界を仮想空間上に再現したミラーワールド(現実と鏡写しで似ているという意味で)とも言われているメタバース。
古くからある代表的なサービスとしては2003年のSecound Life(セカンドライフ)というコミュニケーションソフト、現在ではあるもりと言われているゲームなどのコミュニケーションソフトもメタバースと言われています。

同様の名前で「デジタルツイン」という言葉がありますが、これはメタバースよりもより現実世界の仮想化というところに目を向けており、実際の空間(物理空間)の作業工程を仮想空間とリアルタイムに進行させることで、将来物理空間に起こりうる変化をシミュレートしていくことを目標にしています。

参考元:【図解】デジタルツインとは?やさしく解説
(https://www.softbank.jp/biz/future_stride/entry/technology/20200919/)

【図解】デジタルツインとは?やさしく解説

メタバースとデジタルツインの2つは似ているようですが異なっています。
それはメタバースでは現在の物理空間のシミュレーターとしての役割を考えていない、あくまでもデジタル空間の中にできる場所を指しているのに対し、デジタルツインでは仮想空間の中の場所を指しておらず、モノの事を指しています。

デジタルツインによって、都市のメタバース化が行れたり、メタバース内でデジタルツイン活用に必要な居場所の提供はあるかもしれませんが、決して同一の意味ではありません。

angelium(XANAウォレット)の現状

メタバースといえば、次世代バーチャルSNS「XANA(ザナ)」当サイトで推させて頂いていたエンジェリウムを思い出すのですが、現在の状況はどのようになっているのでしょうか。

調べてみますと、XANA WALLETは6月31日以降、現在の中央集権型のウォレット型サービスを中止し、今後はDeFiでの対応となるようです。
そのため、現在XANAウォレット内にて残高が残っている方は、残高移動を行って取りこぼしの無いように、また、エンジェリウムのスワップも始まっているので、受け取れる体制を整えておくようにとの連絡が回っているようです。

Defiプロジェクト、Andefiの進捗に関しましては下記の記事もご参考下さい!

XR技術に基づくANGELIUM「XANA(ザナ)」等、デジタルツイン事業が世界にもたらすパラダイムシフトとは

アンジェリウムも着々と計画を進めているようですが、仮想通貨以外の一部の事業では進捗が表に出ていないものもあるようですので、続報を待っていたいですね!

VRメタバースの活用広がるセレニティ

SERENITY動画2

SERENITY動画

画像引用元:ttps://www.youtube.com/embed/jfiNMdQu01o

SERENITYでは現在アミューズメントパーク TGRLANDのパチンコ・スロットの他にスポーツブックとの連携を勧め、遊ぶ場所の拡大を行っております。
SERENITY SMART OFFICEなどの、バーチャル会議室を用意し、VR空間内での会議等の利用方法も模索中です。さらに買い物もできるようにショッピングモールの仮想空間の作成も進められています。モールが作成されるのならバーチャル百貨店のように、vrメタバース上で服の試着などが可能になるかもしれません。

SERENITYでは他にも下記の事業を計画中です。

~SERENITY 10の事業~

1.バーチャル土地開発・販売事業
2.バーチャル都市設計事業
3.バーチャル金融事業
4.エンターテイメント事業
5.安心・安全な新農業生産・販売事業
6.文化・環境開発事業
7.バーチャル美術館運営・アート作品売買事業
8.オンライン教育産業事業
9.e-Sports・ゲーム事業
10.社会貢献事業

バーチャルマーケットはこの中の5あるいは2.バーチャル都市設計事業に該当し、現在すでに稼働しているTGRLANDとも相性は良いと思われます。ユーチューブチャンネルではクイズなども行いSERENITYがどういった場所になるかのクイズも行われていますので、興味のあるかたは覗いてみてください。

ウーヴンシティでのデジタルツインの活用法は

メタバースとはことなる方法で、物理世界において最先端を行こうとしている日本の技術がウーヴンシティ(Woven City)です。
建築業界では以前から、3D画像によって完成後の建物の予想図を作り、プレゼン等を行うことが多く、このウーブンシティでも同様にシティ全体の完成予想図がまるでひとつのワールドのように作成されています。

2021年5月、トヨタはENEOSとのウーヴンシティにおける水素エネルギーの活用を具体的に進める検討に合意しました。
水素エネルギーは現在、使用してもCO2を排出しない次世代のエネルギーとして注目されています。ウーヴンシティでも将来エネルギーの消費が増すことを前提に、Woven Citでの水素エネルギーの利用にチャレンジしていく心づもりのようです。

上記のようなエネルギーの活用や、都市の構造に関してデジタルツインが利用されています。
現在、Woven Cityの開発現場では物流センターや製品開発の場面でデジタルツインが活用されています。
センターで人の職員が急病で休んだ場合の物流量の変化や、家庭内搬送ロボの移動時間といった場面を現実で作りだし、その上でその他…荷物が顧客に届くまでの時間の変化や、ロボの移動速度の増減による稼働時間等のテストが行われています。

上記のようなテストを重ねる為に、その空間をメタバース化しているため、もしかしたら現実世界だけではく、仮想空間のウーヴンシティにも将来的に遊びに行けるようになるかもしれません。

仮想空間の中で現実を予測し、現実世界に仮想を呼び出していく未来

最新テクノロジーでは現実空間に立体的な映像を移すことも可能になっています。

現在の技術では、限定された非常に狭い空間にしか映像を描くことしかできません。

しかし、透視投影と運動視差を利用して、手前で動くオブジェクトとOTDで描かれた映像の立体的な造形をずらすことで、遠くに映像が浮かんでいるように錯覚されることができるというのです。

(中略)

研究者たちはこの成果から、いずれ人間と同じ空間に共存するホログラフィックのような仮想オブジェクトと対話できる、没入型体験も可能になるだろうと語っています。

引用元:
CGいらず?「空間に映像を浮かび上がらせる」最新技術が登場
https://nazology.net/archives/88789

VRメタバース内に入って活動できるようになることももちろんですが、仮想空間(映像)が現実に現れるのも理想の一つです。もしかしたらウーヴンシティではこの記事のような空間に浮かぶ映像の技術が取り入れられて行く可能性もあります。

少しずづ仮想空間と物理空間の境が薄くなっていっています。
そのうち近くに遊びに行く感覚で仮想空間へ出かける機会も増えていくかもしれませんね。