545 Views

自動売買システムロジックや、デメリットなど皆無と思える自己アフィリエイトがある。

それが勝てない、売れない、怪しい、といったネガティブ思考から脱却させてくれるラックトリプルエイトの新案件の稼げる仕組みです。

投資というものは早いもの勝ちな側面もあります。

ですが今度のLUC888のAD40Rという新案件は、そういった従来までのものとは全然違います。前回の記事でも紹介していますが、Fiftiesのロジック然り、ラックの案件は次々とすごいものがでてきます、

※参考記事
≪NewWave≫LUC888新案件・ADCUBE 40R(アドキューブ)とFriend City(仮)

ラックトリプルエイト系では、これまでにもDBACとBmt4というLUC888のツールもありました。(DBAC=資金管理、Bmt4=確率)

Bmt4だけでバカラをやるよりも、資金管理計算機のDBACもあわせてやるほうが良いに決まってますし、次の新しい案件も副業でもっと稼ぎたいならやっておいた方がいいでしょう。

PGS40RとはLUC888 新案件 PGS40Rプロジェクト (ADキューブ)

PGS40RとはLUC888 新案件 PGS40Rプロジェクト (ADキューブ)

PGS-40Rとは?どういったものか?

ご説明します。

アプリ・ゲーム・WEBサイトのテストが得意なIT企業、ProVision。e-Sports部が発足し、これまでにない「ゲーム」や「アプリ」の体験をさせてくれる期待あふれる会社。

そのPROVISIONコンテンツの世界展開への40Rプロモーション。

【PGS-40R】
PROVISION GAMINGの販売予定の「ライブフィード」を世界に向けてプロモーションするスキーム名称。
LUC888を広告フィールドとし、【PGS-40Rプロモーション】を行います。
広告主…PROVISION GAMING  媒体物…LUC888  運営…FAIR COMPANY

PROVISION GAMINGとは?

PROVISION GAMINGとは?

PROVISION GAMINGとはエストニアに本社を置く、世界のゲーミングサイトへコンテンツを供給する企業体のことです。

近未来的な新しいバカラゲームのライブフィードをメインコンテンツに、2021年、「ゲーミングサービスプロバイダー」として、ゲームフィードマーケットに進出します。

2020年8月現在、プランだけの状態で数百社のオファーが既にあり、パイロット配信は今秋、アライアンスを結ぶLUC888上でスタートの予定です。

このパイロット配信は世界中のゲーミングサイトがその動向に注目するものとなり、【PGS-40R】スキームでさらなるブランディングと付加価値の拡大を目指しています。

※今年の4月から国内でも本格的な5G(第5世代移動通信方式)の商用サービスがスタートしていますが、本格的な運用は今秋からだと言われています。

そして今現在でもかなりの盛り上がりを見せている仮想通貨・暗号通貨ですが、高速・低遅延の本格的な5Gサービスのこの秋からの普及により、ビットコインを含む暗号資産はさらに成長するのではと注目されています。

オンラインバカラ、eスポーツ、暗号資産(仮想通貨)、デジタル化の追い風は今後さらに大きくなっていくものでしょう。

仮想通貨、ビットコイン等とホエールアラート

ビットコインが最近上がってきていますね。本日時点では126万円の壁を行き来しています。

暗号資産の取引や投資をする上で、情報の取捨選択は極めて大事です。

みなさんは「ホエールアラート」はご存知でしょうか。

ホエールアラート(Whale Alert)は仮想通貨の大きなトランザクションをTwitterでお知らせするツールです。

「Whale Alert:ホエールアラート」

ホエールとは日本語で「クジラ」という意味ですが、仮想通貨の取引を少しでもかじったことのある方ですとご存知のように大口のクジラという存在がいます。

このWhale Alertというツイッターアカウントは、そういった大きな額の暗号通貨のトランザクション、(取引)、が発生するとライブでアラートしてくれるアカウントというわけです。

株式でも暗号通貨でも、こうした大口のクジラをウォッチして見てみると、相場を上手く乗りこなす可能性が高まります。

大口投資家の動きを知らせるホエール・アラート(Whale Alert)を上手に活用して、仮想通貨・ビットコインのトレードをより良いものにしましょう。

速報!仮想通貨関連のピックアップ最新情報

全米では仮想通貨ビットコインのテレビCMが放映開始されたそうです。
DeFiプロジェクトではローンチ後5日間で時価総額1000億円を超えたようなものも。
・ケニアの暗号資産に関する新たな税制(Income Tax Act of KenyaのFinance Act 2020 amendment(改正))
・米州議員がコロナ経済対策としてノースダコタコインの考えを公表
・Elrondが暗号資産の新たなUXを提供するアプリ「Maiar」をリリース
・5億ドル(540億円相当)のドル建てステーブルコインのTetherが新規発行

IOSTがDeFiプロジェクトへ1億円の助成金を発表というニュースとアメリカのノースダコタコインの情報が気になりました。

※DeFi=(分散型金融)
分散型金融(DeFi)トークンのBANDとLINKが仮想通貨ビットコインをしのぐ勢い。

また、金融情報配信会社フィスコによる【フィスコ・ビットコインニュース】 によりますと、米ダラス連銀総裁「デジタル通貨を積極的に研究すべき」という考えを示したとの情報もありました。

これまでパウエル議長を始め、FRBは米国のデジタル通貨導入には消極的だったものが、コロナパンデミックにより欧州と同様、FRBも研究を積極的に進める可能性も出てきたという訳ですね。

他にもディーカレットと関西電力によるデジタル通貨に関する実証実験ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム)の構築も気になりますね。

ブロックチェーンを活用しての、既存の決済サービスへの価値移転や交換機能・サービスなど、デジタル通貨の利便性など。今後のさらなる発展に期待したいところです。

LUC888の今後。新案件では世界初のsports BACCARAT Live配信の仕組み。

世界初のsports BACCARAT Live配信

上記の画像は一般的なオンラインカジノでのLive配信の映像です。

よく見かける感じの物ですね。

ですが今後のLUC888の新案件では以下のような形になります。

Gaming Service Provider コンテンツ供給

Gaming Service Providerは、オンラインカジノにライブバカラやルーレット、スロットマシンといったゲームコンテンツを供給する企業で、オンラインのカジノ業界の王様ともいえる企業です。

単なるコンテンツの供給だけではなく、レベニューシェアというカジノが売り上げた利益の10%~40%の分配を受ける形態もあり、その場合大型のカジノと契約できれば莫大な利益を望むことができます。

LUC888の進化とこれまでの軌跡

LUC888の進化

LUC888は2019年4月25日に誕生しました。

その後

2020年7月1日にはVIVO GamingとAPI接続し、より充実したシステムとなりました。

1.新たな4テーブルが登場!
2.映像がスピーディー&スムーズ!
3.スマホ操作が縦画面へグレードアップ!

LUC888の今後【sports BACCARAT】 Live配信

世界初!【sports BACCARAT】 Live配信

2020年 NEXT
世界初!【sports BACCARAT】 Live配信

Sci-Fi Futuristic
2050年のTOKYOイメージ:サイエンスフィクションな世界を感じる、洗練された空間。

Sci-fi Futuristic City Landscape | 未来都市, 都市, 城

2050年のTOKYOイメージは気になりますよね。上記のリンクとあわせて下記のワードでも検索することで、近未来的な社会のイメージをしてみましょう。

・2050年のTOKYOイメージ
・近未来の生活
・テクノロジーロードマップ
・2030年未来予測
・未来予測

フレンドシティとは?(Friend City)

フレンドシティとは?(Friend City)

LUC888の新案件 PGS40Rプロジェクト (ADキューブ)のフレンドシティ。

このフレンドシティとは

My Companyを持ち、
人気(Friend)と豊かさ(FGC)を競うゲームです。

・My Company=自分のサービス
・人気=Friend
・豊かさ=Friend Gama Chip(FGC)

フレンドシティはFriend City専用暗号通貨を作成して分散型取引所に上場させる

Friend City専用暗号通貨のイメージ
Friend City専用暗号通貨

PGS40Rプロジェクト (ADキューブ)のフレンドシティでは、自分の暗号通貨を作成することができるというプロジェクトです。

テナントやイベント等の自分のサービスを利用してもらうための、専用の暗号通貨を自分で作成し、Friend City内の分散型取引所に上場させる。

そしてそのサービスに人気が出れば通貨の価値も上昇します。取引所で取引を行った際に、手数料と同じ量のTGCが付与されます。

※2020年8月の今現在でも、Theblockによると、分散型取引所(DEX)大手のUniswapは、7月に新規ユーザー数が57,976で、6月の24,963から132%大幅に増加したという情報がありました。

DEX = 分散型取引所(Decentralized Exchange)

コロナ禍の影響で、こうしたデジタル投資は15.8%増とのニュースもありました。

2020年は分散型取引所のトークンが軒並み高騰、ということで、2020年はDEXの時代とも見られていますね。時代の流れは分散型取引所かもしれません。

取引所の需要が増えればその取引所のコインの価値は必然的に上がります。

luc888のデメリット?新案件ではツールよりも稼げる仕組みが激アツ

これまでのラックトリプルエイトでは、フィフティーズハッカーの最強とも言えるロジックによって収益がほぼ取れる投資運用がかなり好評でした。

自動収益化による投資運用で簡単なロジックとツールの設定さえ行えば、あとは運用次第で日利20%~30といったメリットが受けられるLUC888。

デメリットを嫌う方ならば少額投資ベースで立ち回れば良いだけですし、新案件11000円(1口)で毎月1000円ちょい利益といったことも可能だと思われます。

従来までのツールや必勝法・オートベットと比較しましても、今度の新しい案件では稼げる仕組みがさらに向上していて、チップが増えない、売れないなんてことも無いのです。

このラックトリプルエイトの新案件は1口1万円ですが、超簡単に言うと株みたいなのを持って最終的には複利が発生する可能性があるというものです。

LUC888は仕組みがまだよくわからない!という方でもこのアドキューブならわかりやすいと思います。

※AD40RのRGCの仕組みに関する過去記事は以下をどうぞ!

LUC888新案件・ADCUBE 40R(アドキューブ)とFriend City(仮)

ちなみにLUC888ですが、まだこの仕組みをよく理解していない段階ですと、ありがちなのがベットの時の単位の間違い。

利益1000円ベットしてると思っていたら、実は100円ベットだった。的なwww

なお、LUC888では7月よりスピードバカラを導入しています。

スピードバカラではメリットとして

・30~40秒に1回BETが可能
・シグナルツールと相性抜群
・アフィリエイト報酬も○○倍!?

こういったメリットがあります。GCと呼ばれるサイト内の通貨を増やせる仕組みを作れれば、収益の報酬はさらに大きな額も望めます。

※以下のオンラインバカラやスポーツブックもおすすめです!

オンラインカジノ【minny casino】へ無料登録

minny casinoバナー

ライブカジノハウスのPV入りランディングページ 登録リンク

スポーツベット 登録ボーナス(Supotsubet Sign Up Bonus) 500×400

スポーツベット 登録ボーナス(Supotsubet Sign Up Bonus) 728×90

スポーツベットへ無料登録

メタルカジノへ無料登録

オンラインカジノ【minny casino】へ無料登録

ボンズカジノへ無料登録

⇒ 公式サイト188BETへ無料登録