300 Views

今回の記事ではMoneroという仮想通貨を紹介します。

Moneroとはモネロコインのことで、バイトコイン(Bytecoin)のソースコードを元に開発された匿名性に優れた仮想通貨です。

モネロ(XMR)と略されます。

このモネロコインのアドレスは「閲覧用」と「送金用」という2つの秘密鍵で作られているので、特徴的なのはビットコインをベースにはせずに作られた匿名性に優れた暗号通貨ということです。

みなさんはワンゴールドをご存知でしょうか。

歯内療法システムのウェーブ・ワン ゴールド(WaveOne Gold)ではありません。

ワンゴールドとは、オンラインで貴金属取引を手がけるワンゴールド(One Gold)のこと。
このワンゴールド(One Gold)が、去る2020年1月13日、スマホで貴金属が購入できるアプリを発表しました。
ますます便利な世の中になりますね。

暗号資産の世界では、ビットコインは金、イーサリアムは銀、ライトコインは銅、そしてリスクは土地、リップルは現金(米ドル)的な意味合いですね。

「Monero」(XMR)の暗号資産をマイニングとは?

CVE-2019-15666とは?「Monero」(XMR)の暗号資産をマイニングとは?

仮想通貨は暗号通貨、または暗号資産と呼び名が変わりましたが、いまでも仮想通貨というネーミングで定着している感じがありますね。

先程の欧州で多くのスーパーコンピューターが乗っ取られて暗号資産(仮想通貨)のマイニングマルウェアへの感染が次々に発覚したという先日のニュースですが、暗号資産である仮想通貨はマイニングという技術により増やすことができます。

モネロコインの入手方法ですが、貰う、または交換する、購入する、という方法があります。

ではこのモネロコイン、マイニングを行って増やすことができるのか?と疑問を持たれるでしょうがモネロコインのマイニングにつきましても、結局的にはビットコインをマイニングすればいいのでは?ということになります。

ビットコインのマイニングは中国に集中している

ビットコインのマイニングは中国に集中している

中国には大手の仮想通貨(暗号資産)採掘マシンメーカーMicroBTというのがあるそうです。

ビットコインのマイニングを行うための機器を取り巻く市場は現在「3X時代」に突入したとも言われています。

仮想通貨や暗号通貨という呼び方も暗号資産へ。

発展途上国での需要増加と米中関係、全てに関係してくるものです。

※以下の記事も読んでおいてください。

【RMT・ゲーム内通貨?】換金できるオンラインゲームで稼ぐ・お金を稼ぐ方法

完全キャッシュレス化は災害時や停電などでシステムダウンしたら使えないという懸念もありますが、それでもやっぱり便利なのは便利ですよね。

ちなみに2020年5月1日からは、仮想通貨から暗号資産へと呼び方が変わっています。

モネロコインのチャート(モネロ価格)

モネロコインのチャート(モネロ価格)

モネロコインについては大手検索サイトなどで検索すると、他にもいろいろと出てくるでしょうからここでは敢えて詳しくは書きません。

モネロの価格ですが、コインチェックを利用されている方やアプリを入れている方ならいつでも確認できると思いますが、そうでなくパソコンやタブレット環境下でモネロのチャートや価格を知りたいというときには以下をご覧ください。

CoinGeckoは仮想通貨市場に関するファンダメンタル分析を提供しています。
モネロコインのチャート
出典:https://www.coingecko.com/ja

Cryptocurrency Market Capitalizations | CoinMarketCap
モネロ価格
出典:https://coinmarketcap.com/

これらは海外のサイトですが、パソコンやタブレットなどの大画面でアルトコインを含む草コインの価格やチャートを確認する際には大変便利です。

コインチェックのスマホアプリでは、取り扱われている主要銘柄の価格はチェックできますが、それら以外のコインに関してはわかりません。

ですから上記のサイトを使うことで、モネロコインを含むその他の暗号資産のチャートや価格も確認できるというわけです。

モナコインのチャートはこちらで確認できます。

先程の海外のチャート確認も大変便利ですが、日本円のモナコインに関しては以下をご覧になられますと便利だと思います。

モナコイン/日本円 チャート – Zaif Exchange
モナコインのチャート
出典:https://zaif.jp/chart_mona_jpy?lang=ja

また、上記のザイフのチャートが見づらいと感じる場合は、以下で確認してください。

こちらはビットフライヤーの価格チャートです。

画面が大きくて見やすいと思います。

モナコイン(Monacoin)/日本円のチャート【bitFlyer(ビットフライヤー)】
モナコイン(Monacoin)チャート
出典:https://bitflyer.com/ja-jp/monacoin-chart

お使いやすい環境によって、それぞれ使い分けていただければと思います。

モネロの買い方(XMRの購入方法)

モネロの買い方(XMRの購入方法)

韓国にある大手の暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」にて、匿名通貨のモネロ(XMR)を上場廃止にするという情報がありました。

上場廃止の予定日は6月1日とのこと。

2020年5月現在、韓国国内では匿名通貨の排除が加速しているようです。

暗号資産(仮想通貨)はプライバシーコインとも呼ばれ、2019年頃は世界で禁止傾向でした。

ちなみに初の完全匿名通貨はヴァージ。暗号通貨Zcash(ジーキャッシュ)も匿名通貨でしょう。

ではBitcoinは?

この場合は議論によって意見が分かれます。

Bitcoinのオンチェーン上に匿名性はないという意見もあれば、BitcoinのLightning Networkなど最新の技術では取引についてはある程度わかってしまうこともある。という意見もあります。

では最後にモネロコイン(XMR)の買い方、購入方法についてですが、

モネロの購入方法は以下になります。

①ビットコインの購入(ビットコインとモネロを交換両替するため)

②モネロを取り扱っている仮想通貨取引所を開設する。

③最初に購入したビットコインをBinanceなどに送金する。

④Binance等でビットコインをモネロに変える。

こういった流れになります。

(1 monero)は日本円でいくら?(XMR BTC 変換)

1 moneroは現在日本円でいくらなのでしょうか?

そういうときは大手検索サイトで「(1 monero)は日本円で」と検索してみましょう。

(1 monero)は日本円でと調べると…

(1 monero)は日本円で

ではモネロからビットコインへの変換を調べるにはどうすればいいのか?

この場合も

「XMR BTC 変換」と検索してみましょう。

すると「XMR/BTC Poloniex 通貨レート計算ツール」などが出てきますので便利です。

ブロックチェーンに関連した単語は「D」から始まる単語

「DAO」とは?

暗号資産やブロックチェーンについての理解を深めていくと色んな用語に遭遇します。

例えばブロックチェーンに関連した単語では、「DEX(分散型取引所)」や「Dapps(分散型アプリケーション)」のように、「D」から始まるものが多く見られますね。

そして「D」から始まる単語には「DAO」もあります。

では「DAO」とは?

「DAO」は「Decentralized Autonomous Organization」の頭文字をとったものです。

直訳すると「分散的で自立した組織」となりますが、一般的には「自立型分散組織」と呼ばれています。

「自立型分散組織(DAO)」の「分散」には、「ブロックチェーンを利用する」という意味が含まれています。

ブロックチェーン技術を利用した「VibraVid」(バイブラビット)

2020年5月22日現在、日本語で絞って検索してもほぼ出てきませんが、英語圏ではVibravidの情報が見られます。

このVibravidはブロックチェーン技術を用いた新しいデジタルコンテンツプラットフォームのこと。

What is VibraVid and BeatzCoin?

バイブラビットとビーツコイン、これらが組み合わさることで、
クリエイターとユーザーが商品・サービス・賞金・賞品といったものを仲介業者を挟むことなく、ダイレクトに商品を交換しあえる場所となります。

このバイブラビットが、YouTubeに代わる次世代のプラットフォームへ成長するかどうかは不明ですが、中央集権から分散型へという観点からも、動画を試聴する側にもお金が入る仕組みというのは注目したいところですね。

YouTubeとの違いは

・動画作成者が自由にコンテンツの価格を設定できる

・自分で作った動画や音声などのコンテンツを広告として発信できる

・さらに視聴者にはbeatzcoin(ビーツコイン)を配布できる

・視聴者はコンテンツの視聴でbeatzcoinが貰える

・即日収益化が可能

参考サイト
ttp://tronupdate.com/2020/02/12/whats-beatzcoin-btzc-vibravid/

そういえばトロン財団(TRON Foundation)ですが、トロンといえば投資家のウォーレン・バフェット氏が、仮想通貨トロン(Tron)創業者のジャスティン・ サン(孫宇晨)氏との食事会をしたとの情報もネットで見られますよね。

Warren Buffett(ウォーレン・ バフェット)氏と言えば世界的な投資家。

その食事会ではバフェット氏が「ビットコインはブロックチェーン技術ほど有利な投資ではない」と発言していたとのことです。

ビットコインには投機以外の実用価値がなく、付加価値を付けられないビットコインに投資するよりも、土地を購入して耕作するほうが有益だと語ったとも。

出典:https://hedge.guide/news/buffet-deny-bitcoin-bc202002.html
世界的投資家ウォーレン・バフェット氏、ビットコインの投資価値認めず、仮想通貨トロン創設者との会食で | 仮想通貨ニュース | 仮想通貨の比較・ランキングならHEDGE GUIDE

※ウォーレン・ バフェットと言えば、先日以下の記事を書きました。

ウォーレンバフェット氏が航空株を全部売りに出したとの情報など(2020.05.16)
今後世界は変わると。新型コロナで世界は変わる=新しい世界様式。

VibraVidで動画を上げた瞬間すぐ稼げるBeatzcoinとは?

VibraVidで動画を上げた瞬間すぐ稼げるBeatzcoinとは? | 仮想通貨 トロン ビーツコイン

https://youtu.be/MOR9CEaAdkk

現在YouTubeの規制も激しくなってきていますし、バイブラビットは動画を上げるだけですぐに稼げるのは凄いですね。

バフェット氏のトロン保有、そして暗号資産のbeatzcoinやVibraVid、ともどもに今後に注目したいところですね。

暗号資産といえば、以下の最先端のオンラインカジノ・ミニーカジノやライブカジノハウスなどでは暗号通貨による入金もできますし、今後の収益の柱や暇つぶしゲームにもオススメですよ!

↓↓↓↓↓↓

ライブカジノハウス

ライブカジノハウスへ無料登録
スポーツベットへ無料登録
メタルカジノへ無料登録

オンラインカジノ【minny casino】へ無料登録

minny casinoバナー

最大55%まで報酬が貰える3ティアの超高還元アフィリエイト【minny casino】へ無料登録

アフィリエイト【minny casino】バナー

また、以下の記事を読むことで理解を深めたり稼ぐための予備知識・秘訣にもなります!

↓↓↓↓↓↓

188BET japanが凄い!188ベットの麻雀やスロットの魅力とアプリを紹介
巷で話題のオンラインカジノ「188BET」について紹介します。

今ミニーカジノ(minny casino)が熱い!入金不要ボーナスの最新カジノと比較すると!?
minny casinoに最大限の焦点を当ててて紹介します。

【最速出金】入金不要で登録ボーナス!30ドル+20回フリースピンのライブカジノハウス
ゲームの配信数も業界最多でライブカジノと提携しているプロバイダー数も業界最多!