472 Views

8月下旬オープン予定のオンラインカジノ【Xigolo】をご存知でしょうか。

XIGOLO(ジゴロ)の特徴は以下になります。

・ブロックチェーンの導入で不正行為の心配がありません
・VR対応!バーチャルによる臨場感あふれるプレイが可能
・ログインボーナスもありますので、特典が充実しています

カジノ系次世代型ブロックチェーンゲーミングプラットフォームXIGOLOを近日公開予定。

※以下のエンジェリウムをの記事でも書きました。

エンジェリウムとは?仮想通貨ICOの評判やエンジェリウムウォレットなど

セクシーコンテンツ(XLOVE)に限らず、幅広い事業を着実に進めているのがエンジェリウム。

そしてオンラインカジノのXIGOLO(ジゴロ)はそのエンジェリウムのコンテンツの一つです。

今回の記事では、次世代型ブロックチェーンのXigoloについて、他には無い最新情報で速報をお伝えします。

XIGOLO(ジゴロ)とは

XIGOLO(ジゴロ)とは

XIGOLO(ジゴロ)はエンジェリウムのコンテンツの1つです。

エンジェリウムが仕掛けるカジノ系の次世代型ブロックチェーンゲーミングプラットフォーム、それがXIGOLOです。

これからの時代、オンラインカジノはますます盛り上がることは間違いないと言えるでしょう。そしてXIGOLO(ジゴロ)は間もなく解禁されます。

XIGOLO(ジゴロ)について。

XIGOLOとはどういうものか?

・ゲーム感覚で遊べてゲーム内の収益をリアルマネーに変えられる
・オープンキャンペーンで多数のユーザーを獲得するため還元率が高い
・新規登録で100ドル分のゲームチケットがもらえる
・デポジットボーナスがあるので毎回ゲームチップが受け取れる
・ログインボーナスがある
・アフィリエイト報酬制度がある
・VIPメンバー制度がある
・仮想世界に入り込んでバーチャルプレーが可能!(VR対応)
・ライブカジノがある(人気のエボリューションゲーミングなど)
・ブロックチェーンの導入により不正行為を防止している
・暗号通貨に対応している

オンラインカジノ市場は最近かなり盛況です。実際に国がカジノ法案の成立に向けて進んでいますしオンラインカジノも100%合法とはなっていませんが、実際には多くの日本人が参加しています。

市場規模は年々右肩上がりに伸びている市場といえます。

XIGOLOはブロックチェーンゲーミングプラットフォームとして、カジノ市場に参入ということです。

XIGOLOのコンセプト

XIGOLOのコンセプト

オンラインゲーミング市場は今後、2025年までに市場規模が4倍以上に上がると予想されています。

現在はスマホ依存の社会。

現代社会ではスマホが無いと生活は成り立ちません。計算上では国民1人あたり2台のスマホを持っている計算になります。

スマホ依存によりスマホの利用時間が長い。
だからこそXIGOLOはそこに目をつけました。

XIGOLOのコンセプトは「スマホに特化したオンラインカジノ」です。

XIGOLOはスマホ一台あれば何でもできる時代に適したサービスといえるでしょう。

エンジェリウムの現在は?(2020年)

XIGOLOで出来ること

エンジェリウム(Angelium)は次世代仮想空間を作って、いろいろとコンテンツを組み合わせて行こうというプロジェクト。

2018年にはANGELIUM実行委員会が「VR空間」「ブロックチェーン」「人工知能(AI)」を組み合わせた成人向け仮想空間「ANGELIUM(エンジェリウム)」のセレモニーを開催。

ではエンジェリウムの現在の最新情報を以下に見ていきましょう。

・2020年6月24日、大手カジノ企業との業務提携
ゲーミングサイトのXIGOLO(ジゴロ)がConnect88 Inc社を通じEvolution Gaming社と提携しました。・XIGOLOのオープンは当初6月予定だったが8月20日の正午にオープンが決定

・エンジェリウムではコミュニケーションツールに「トーク(Touku)」を使う!
Touku(トーク)は、2020年2月に登場したエンジェリウム(仮想通貨)プロジェクトのコミュニケーションツールです。

詳しくは以下の情報をご覧ください!

トーク(Touku)とは?エンジェリウムのコミュニケーションツール!
https://note.com/trendinfo/n/n9ae7f8f7fd32

Angelium(エンジェリウム)関連の情報をお探しなら以下をご覧ください!

Angelium(エンジェリウム)情報一覧
https://note.com/trendinfo/m/m4022e7df911f

エンジェリウム 公式サイトやアプリは?

エンジェリウムのアプリや公式サイトの情報をお探しなら以下をご覧ください。

ジゴロTwitter
ジゴロTwitter
@2TXDsEjRRLv3Km5
https://twitter.com/2txdsejrrlv3km5

ジゴロインフォTwitter
ジゴロインフォTwitter
@xigolo_info
https://twitter.com/xigolo_info

エンジェリウム 公式Twitter
エンジェリウム 公式Twitter
@angelium_info
https://twitter.com/angelium_info

エンジェリウム関連応援隊Twitter
エンジェリウム関連応援隊Twitter
https://twitter.com/angelium_love

h.s.2019Twitter
h.s.2019Twitter
@hs20195
https://twitter.com/hs20195

エンジェリウム関連応援隊のTwitterでは「次世代バーチャルSNSのXANA(ザナ)」の情報もありました。

VR(バーチャル・リアリティ)上でイベント、ビジネス、コミュニケーションやゲームができるXANA(ザナ)。

XANAは、誰もが新しい自分になり、新しい世界を創り、新しい生き方、仕事の仕方、遊び方を創ることができるプラットフォームということで、まさにこれからの社会を表しているといえるでしょう。

現実と仮想をクロスさせた「クロスリアリティ」

XANAのコンセプトは「夢をカタチにする」ということ。
XANAのコンセプトは「夢をカタチにする」ということ。

次世代仮想空間・バーチャル世界でもう一人の自分、アバターとなって生活を楽しむ。

自分の好きなビジネスを展開して収入を得たり、ユーザーはアバターとなることで相互コミュニケーションやゲームを楽しみながら、現実と仮想をクロスさせた「クロスリアリティ」で経済活動を行うことが可能になります。

これからの社会では「バーチャル」 で「リアル」のビジネスが可能となっていく

XANA(ザナ)のまとめ

・アバターによるコミュニケーション
・バーチャルイベントの開催
・クロスリアリティビジネスの立ち上げ
・バーチャル支店のオープン
・デジタルアセットの売買

他にもVRを使った旅行(XTRAVEL)、ショッピング(XMALL)、教育(XSCHOOL)等のコンテンツを開発中とのこと。

次世代仮想空間・バーチャル世界とセカンドライフ

次世代仮想空間『ANGELIUM』は果たしてどうなるのか?

セカンドライフは日本ではこけたという情報がありますが、それは2010年のこと。

2020年の今現在とは社会の状況も異なるのもまた事実。

次世代仮想空間『ANGELIUM』は果たしてどうなるのか?

カンファレンスイベント「ヘヴンズ・デイ」へ行って、「メタバースの理想形」の一端。

仮想空間の問題点は画質や描写ですが、今後技術革新がさらに進めばこういった問題点はクリアできそうですね。

エンジェリウムの評判

仮想通貨やICOの口コミや評判、最新情報が気になる方は今回紹介するエンジェリウムをご存知かもしれませんね。

ネット上での評判を見てみますとアダルト経済圏に寄り添い、アダルトコンテンツの配信という特殊な分野というのが注目を集める要因となったANGELIUM(エンジェリウム)。

AV業界初の暗号資産「ANGELIUM(エンジェリウム)」コイン、エンジェリウムICOということで、仮想通貨(ANL)の上場・購入・評判はなどを気にする方も多いでしょう。

ただ、少し前までの情報では投資家たちは爆損確定といった評判もありました。今後の動向によっては状況も変わる可能性があるので最新情報を追っていきたいところです。

エンジェリウムの評判まとめ

・3DスキャンニングアバターやXR技術で作られた仮想空間で、 遊び、体験しながら暗号資産を構築

・成人向け仮想空間

・VRとブロックチェーン技術の組み合わせにより、オープンな仮想世界(メタバース)を作るプロジェクト

今後様々なアダルトやオンラインカジノ、VRコンテンツ(市場規模が右肩あがり)がエンジェリウム上で展開されるとした場合、爆損確定といった評判も無いのではないでしょうか。

現状としてはエンジェリウムよりも2019年にリリースされた配当型ウォレットANGELIUMウォレットのほうが知名度が高いという印象がありました。

エンジェリウムにはICOのトークン(ANL)と、配当型ウォレットのトークン(ANX)の2つがあるのが、少々ややこしいのと、現在はアダルト色はそこまで強くなく、配当型ウォレットの方が認知されているといった評判があります。

エンジェリウムヘブンとは(ウォレット・ロック)

エンジェリウムコインの運用に関してですが、エンジェリウムのウォレットを運用するのはヘブンという仕組みがあり、ここに資金をロックすることで寝かせておくと複利が得られるという形です。

お持ちの暗号資産をHEAVEN(ヘブン)という専用のウォレットに保管し、ホールドしておくだけで毎日ANXが獲得できるというもの。

エンジェリウムウォレットは資産をHeaven(ロック)。

エンジェリウムヘブンとは独自通貨ANX保有量・ヘブン(ロック)期間に応じて、取引所収益からの分配額が大きくなる、というわけですね。

エンジェリウムは怪しい?

エンジェリウムのウォレットが怪しいんじゃないか?と思う人は大半が以下の点に疑問を持つからでしょう。

1.高すぎる配当率
30日ロック選択:月利4.5%
60日ロック選択:月利6.0%
90日ロック選択:月利9.0%

手持ちの暗号通貨(BTCかETH)を預けてロック(ヘブンと呼びます)すれば配当が貰える仕組みです。

投資案件で月利10%を超えると詐欺の可能性が高いと言われていますが、エンジェリウムは最大14%ということで、ここの部分がネックとなって怪しいのではないか?と思う人がいるようです。

2.紹介報酬システム
直紹介者1人目はその紹介者が受ける配当の50%
直紹介者2人目はその紹介者が受ける配当の80%
直紹介者3人目以降はその紹介者が受ける配当の100%

さらに紹介システムは2段階目から15段階目までティアーがあり、2~10段階は紹介者の利回り報酬の10%、11~15段階は利回り報酬の5%が貰えるというちょっと高すぎる報酬が怪しいと思われているようです。

エンジェリウムヘブンとは(ウォレット・ロック)

もらえる報酬が普通じゃ考えられないほど高い=怪しい

という図式はすぐに成り立ちません。とはいえやはり「わからないものに手を出そう」とするときは、どうしても怪しいと疑ってしまうものですよね。

ANGELIUM(エンジェリウム)やXIGOLO(ジゴロ)、XANA(ザナ)の事はまだまだ始まったばかりでわからないことも多いのですから、ネットの評判を鵜呑みにして怪しいだとか疑うのはよくないです。

追って最新情報を各自みなさんで調べてみると良いでしょう。

ただ、『アダルト(AV)業界×AR技術×ブロックチェーン』事業というのは非常に目新しいものですし、ANGELIUMはVRとブロックチェーン技術を組み合わせて、オープンな仮想世界(メタバース)を作るプロジェクトです。

オンライン上の仮想世界と、オフラインである現実世界をリンクさせた様々な次世代コンテンツを提供することを目指したプラットフォーム。

ANGELIUMとは何か?という説明

ANGELIUMは、ブロックチェーンに基づいた次世代クロスリアリティープラットフォームです。仮想現実、拡張現実が人類の次のステップであり、ANGELIUMはその遥かな地平線を照らし、あらゆるボーダーを超えて人と人を繋ぎます。

以下のオンラインカジノもおすすめです!!

オンラインカジノ【minny casino】へ無料登録

minny casinoバナー

ライブカジノハウスのPV入りランディングページ 登録リンク

スポーツベット 登録ボーナス(Supotsubet Sign Up Bonus) 500×400

スポーツベット 登録ボーナス(Supotsubet Sign Up Bonus) 728×90

スポーツベットへ無料登録

メタルカジノへ無料登録

オンラインカジノ【minny casino】へ無料登録

ボンズカジノへ無料登録

⇒ 公式サイト188BETへ無料登録