1,197 Views

VIVE Pro Eye HMDをご存知でしょうか。

高精度なアイトラッキング技術を使ったVRシミュレーションやアバターへの反映など近未来の可能性を魅せてくれるVIVE Pro Eye VRヘッドセットという画期的な新製品。

株式会社アユートによるHTC製のVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「VIVE Pro Eye HMD」が2020年12月3日よりついに発売。

プロレベルのサウンドとグラフィックが融合し、これまでにない没入体験が楽しめるということでいま注目を集めています。

VIVE Pro Eye HMDとは?(ヴァイヴ プロ アイ ヘッドマウントディスプイ)

VIVE Pro Eye HMDとは

出典:HTC NIPPON株式会社
https://www.vive.com/jp/

VIVE Experiences

VIVEは、ハードウェア・ソフトウェア・クリエイティブなプラットフォームの3点から構成される、現実世界の制約下にある想像力を解き放つためのVRブランドです。StreamVRによるミリメータ以下の正確さを誇るトラッキングテクノロジー、高品質なハードウェア、そしてイノベーション溢れるエコシステムにより、VIVEは他の追随を許さない最高の体験を提供します。次世代のアート、物語、ゲーム、エンタープライズ、エンターテイメントへダイブしましょう。

★HTC VIVE Pro Eyeの凄いところ

ヘッドセット単体製品である
両眼の動きを追跡・解析するアイトラッキングが搭載
アバターによるまばたきやウインクの表現も可能
対応するPCと接続するだけでVRがすぐに楽しめる
高精度なヘッドマウントディスプレイのIRセンサーが眼の動きを追跡

今回発売となるHTC製VR HMD「VIVE Pro Eye」のヘッドセット単体モデルは実売価格が9万4000円だ(税別)ということで、一般向け販売となったもの。

これからの世の中ではVRを趣味・仕事に使うシーンも増えてくることでしょう。

そんな中、VRの定番ともいえるHTC VIVEシリーズから「VIVE Pro Eye」がアイトラッキング対応VRゴーグルとして単体販売を開始されます。

ハイエンドVRゴーグル「VIVE PRO」のバリエーションモデルということで注目を集めています。

アイトラッキング機能つきVIVE Pro Eyeの使用例

アイトラッキング機能つきVIVE Pro Eyeの使用例

VIVE Pro Eye、アイトラッキング設定はこれまでにない画期的なハイエンドVRゴーグルです。

ではVIVE Pro Eyeはどのようなシーンでプレイするのか?

VIVE Pro Eyeの使用例をネットから集めてみました。

以下はネットの評判です。

VIVE Pro EyeはVRゴーグルとしては高額な部類に入りますが、ゲーム配信をしている方やVtuberとして動画配信を行っている方ですと持っておいても損はないでしょう。

視線追跡機能が実装されたHMD(VIVE Pro Eye)のすごさ

HTC VIVE Pro Eyeの凄いところ

アイトラッキング機能がついているということは、従来までのVRゴーグルと比較しましても圧倒的に利便性が上がるはずです!

視線追跡機能が実装されている!

VR空間やバーチャルリアリティーが好きな方ならば、少々値が張りますが絶対に持っておいた方がいいかもしれませんよ!?

高精度なアイトラッキングを兼ね備えたVIVE製品のフラッグシップモデル
高精度なアイトラッキングを兼ね備えたVIVE製品のフラッグシップモデル

出典:htcvivejapan
@htcvivejapan

出典:HTC NIPPON、『VIVE Pro EYE』のヘッドセット単体の予約受付を11月12日(木)より開始、販売開始は12月3日(木)より|HTC NIPPON株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000033579.html

VIVE Pro EyeとVRChat、そしてベースステーション

旧来までのVRゴーグルからアイトラッキング&フルトラッキングが可能となるVIVE Pro Eyeへと買い替えたいという方の声。

ベースステーションは360の動作追跡や優れたVR体験が楽しめるVIVE用のセンサーです。

ベースステーションとはヘッドセットおよびコントローラーに信号を送信するためのもの。VIVE Pro用のアクセサリという認識で良いでしょう。

★VIVE Pro Eyeとベースステーションについて

ついにVIVE Pro EyeのHMD単体が販売(12月3日)
ベースステーション1.0にも対応
すでにVIVE無印やCosmos Eliteを持ってる人もそのまま使えます
アイトラッキングに興味がある方はぜひ!

HTC製エンタープライズ向けVR HMD「VIVE Pro Eye」のヘッドセット単体モデルが発売
HTC製エンタープライズ向けVR HMD「VIVE Pro Eye」のヘッドセット単体モデルが発売

出典:PC USER
@itm_pcuser

最高級VIVE Pro EYEがついに待望の単体発売決定
最高級VIVE Pro EYEがついに待望の単体発売決定

バーチャル美少女…すごいですね。VR技術もここまで進歩してきたのですね。

AIキャラクターとの会話だけじゃなく、今後さらに技術が進めばバーチャル空間で自分の好みのAIキャラクターと触れ合ったりなども楽しめそうですね!

この動画のようにVRoid Hubを通して実際にVRで確認!ぬるぬる動いて凄いですね!!

VIVE Pro Eyeのレビュー

Oculusとの比較などのレビューがありました。

これからVRゴーグルの購入を検討している方や、Oculusとの比較を考えている場合は上記の記事をご覧になるといいでしょう。

VIVE Pro Eye対応ソフト

視線追跡を感じさせないほどの追従の速さ。それがVIVE Pro Eyeの利点です。アイトラッキング対応ソフトがさらに増えてくるには普及を計らなければなりません。今後のさらなる発展に期待ですね。

未来へのイノベーション!2030年以降の互助技術やロードマップ・デジタルツインに期待

イノベーション ロードマップ
デジタルツイン
2030年の未来の互助技術

量子コンピューターなど量子技術の研究開発やエネルギー・環境イノベーション、デジタルツインや2025年、2030年、それ以降の近未来の互助技術などは期待せざるを得ませんよね。

今後訪れる高齢社会をテクノロジーの力で乗り越える。全ての電線が超電導に置き換わったり、人工光合成や次世代エネルギー、国産人工知能(AI)の実現や本人にそっくりなアバターなど、輝かしい日本の未来像とともに全人類が持続可能な社会の未来づくりを目指していく。

互助の思想を基軸とした共生コミュニティやシェアリング経済、みんなの意識の変化や新たな経済への気づき、そういったものがいま求められていますし大事なことだと思います。

コロナ後のテクノロジーの変化と進化(IOT、DX、AI等)

私達は科学技術の発展により豊かで便利な生活と長寿を獲得することが出来ています。現代科学は人類存続のための科学として発展してきました。

現在新型コロナウイルスの世界的流行(パンデミック)により世界は未曾有の危機に直面しています。警戒レベルの強化や行動制限により私達の暮らしにも多大な影響があり、我慢や不安、焦燥感など自分が思っている以上に強いストレスを感じ、継続的で強いストレス状況が続いているのです。

With/Afterコロナ時代がもたらした変化、コロナ禍後の打開策として、そして人類存続のための科学として私達の生活を変化させ、今の窮屈な生活を大いにサポートしてくれるテクノロジーの変化と進化が期待されます。

5年後の未来は数々の有望なテクノロジーの出現により、どのような社会になっているのでしょうか。今後のテクノロジーの発展により、新型コロナに立ち向かえることは勿論、エンターテインメントなど娯楽産業の発展にも期待が高まりますね。

マクロスやガンダム、その他ロボットアニメで表現されたホログラム映像が遂に実現

これは凄いですね!SFやアニメの世界が遂に現実に…!!

マクロスFではシェリル・ノームが、ステージ上でシェリル本人とホログラム映像が絡むような演出がありますが、アイドルや歌姫が3Dホログラムで舞い踊るという2次元から3次元へのパフォーマンスが現実世界でも遂に実現…!!

3Dホログラムとは3D映像用メガネをかけなくても立体映像を観ることができるという現時点で世界最高峰の立体映像技術ですが、脳活動分野のテクノロジーの進化も凄いです。

マクロスやガンダムでは脳波などによる機体の制御や戦闘機のコントロールの描写がありましたが、現実世界でも以下のような技術革新が進んでいます。

“こいつ、動くぞ!”「ガンダム」脳活動で“ザク”のコントロールに成功!
出典:“こいつ、動くぞ!”「ガンダム」脳活動で“ザク”のコントロールに成功! バンダイ・NeUのリサーチコラボ
https://s.animeanime.jp/article/2020/10/29/57277.html

PlanetWatch
@PlanetWatchsas
プラネットウォッチ
新興企業PlanetWatch(プラネットウォッチ)。イノベーティブな大気質監視をアルゴランド・ブロックチェーンを活用して大気質監視を分散化、イタリア主要2都市で開始。個人投資家と機関投資家から55万ユーロを調達。

550,000ユーロは67,842,500.00円(日本円で約6784万円)。ブロックチェーン技術を活用し大気質分散型台帳を構築。

ブロックチェーンはまさに社会を変革する可能性を持つ革新的な技術と言えます。脱グローバリゼーションの救済策、新しいグローバルなパラダイムにとっても必要とされている中央集権的な管理者を持たないブロックチェーン技術。中央集権から地方分権、分権型社会へ!?

Akio@Algorand Ambassador(アルゴランド・アンバサダー)
@AkioAlgorand

Maac
@Analytics_699

これはインタラクションセンサー?微妙な手の動きやジェスチャーだけで機器をコントロールできるということでしょうか。

Fabrizio Bustamante
@Fabriziobustama


Projector Phone。プロジェクター電話。プロジェクター一体型スマホとでも言いましょうか。日常空間がスマートになる近未来的なアイテムですね。テクノロジーの進化はとどまることを知らず、人類と機械の関係はさらなる拡張型現実、壁や床に映し出されたプロジェクターで魅了してくれます。

BioEnable
@Bioenable


飛行機エンジンを搭載したオートバイ。

Fabrizio Bustamante
@Fabriziobustama


空飛ぶタクシー的なものでしょうか。2025年とテロップがありますので期待が高まりますね。

2025年までにはAR・VR技術の高度化、眼鏡型端末を用いなくても視聴者が姿勢を変えるなどの自然な動きで立体像が変形しない立体動画なども実現するでしょうし、人間の代理として社会活動を行ってくれる人形ロボットも2030年代半ばまでには開発・実装されるでしょう。

Ronald van Loon
@Ronald_vanLoon


近未来の工場ではこのように全てをロボットが担当してくれているのかもしれませんね。

AppthiswayR
@appthisway


バーチャルリアリティーで食べ物を味わう。


AR、VR、MR…拡張現実感は今後さらにエキサイティングに…!


リアルタイムでのホログラム。


2050年の教育。


驚くべき拡張現実!


医師や看護師の接触を最小限に抑えるために、COVIDに感染した患者に食品/薬を届けるためのリモートコントロールトロリー。


2022年までに自動運転車(人間が運転操作を行わなくとも自動で走行できる自動車)とインテリジェントハイウェイを完成させる。

※インテリジェント・ハイウェイ・クルーズコントロール(英語: intelligent highway cruise control; IHCC. )高速道路運転支援装置(HiDS)の構成要素のひとつ。ホンダが採用した高速走行時の車間距離制御装置。


バーチャルリアリティー用のグローブ。VR製のグローブ型VR向けデバイス。VR空間上に両手と全ての指の動きが楽しめる。


このロボットには痛みに似た何かを「感じる」ことができる人工皮膚があります。

コロナ禍を契機とした社会変化とポスト・コロナ時代のテクノロジー。現実世界との新しい融合やテクノロジーの変化。

コロナ禍を契機としたイノベーションは新たな世界秩序、大きく変化するグローバル経済に向けて新しいビジネスモデルの出現とともにデジタルテクノロジーの有効性を改めて認識させてくれることでしょう。

クリスマスツリーの中からフクロウ出現

NYロックフェラーセンターのクリスマスツリーからフクロウが見つかる
NYロックフェラーセンターのクリスマスツリーからフクロウが見つかる
ロックフェラーセンターのクリスマスツリーを設置中、枝にフクロウがいるのを見つけて保護されたのだそうです。

※発見されたのは「アメリカキンメフクロウ」で、「ロックフェラー」と名前が付けられたそうです。大変可愛らしいですよね!

NYCのロックフェラーセンターと言えば巨大クリスマスツリーですね。

クリスマスといえばヨーロッパで新型コロナウイルスの感染が再び拡大、いくつもの国がクリスマス休暇の旅行を計画するには時期尚早だと警告しているそうです。今年はコロナ禍で迎えるクリスマスですが、多数の人が集まるパーティーやカラオケなどの催しを控えつつ注意を怠らず感染拡大防止に努めましょう。

お得な情報配信中↓

※オンラインカジノ以外にも、以下の物販・せどりの攻略法を記した記事もオススメです。

【緊急】お金が必要ならこれをみろ!話題の即金アプリ ぴこるとデルタトレーサー

デルタトレーサーがログインできない?せどりリサーチ最強の転売ツール