2,537 Views

先日の記事で、東大がフルダイブをするための五感インタフェースなる研究を行っているという紹介をしましたが、ラノベで圧倒的人気を誇る「SAO(ソード・アート・オンライン)」のようなフルダイブまではまだまだ遠いように感じます。

過去記事:フルダイブ間近!?明晰夢は究極のVR世界!

ただ、ガラケーからスマホになるまであっという間だったように、VRやAR技術は猛スピードで進化して、数年後には「レディ・プレイヤー1」や、それこそ「SAO」のような世界になっているかもしれません。

しかし、その数年間も待てない!というのであれば、幽体離脱を試してみる価値はあります!
自分だけの自分好みの世界が楽しめる。アニメのような世界で冒険も出来るんです。

今回の記事では、幽体離脱(体外離脱)のやり方を軽く一覧にしてみました。
また、最下部では最新のVR情報についても紹介しております。

幽体離脱(体外離脱)のやり方まとめ

体外離脱の方法にも色々とありますが、どれが自分に合うかは試してみないとわかりません。
下記では体外離脱の方法をまとめてみましたので一度是非チャレンジしてみてください。

幽体離脱を始める前に、成功させるために必要なこと

どんな方法を試すにしろ、離脱を成功させるために如何にリラックスできるかが肝心です。

ただ、リラックスしすぎて寝落ちてしまうこともありますので緊張をほぐしすぎないこと。

とはいえ、リラックス状態を保ちながら寝落ちないギリギリのバランスを保つのが難しいと思うのですが、なるべく寝落ちないよう記事の下部で眠気をコントロールする方法も紹介しています。

自己投影法

1.仰向けに寝てリラックスする。

2.自分の眼の前にもう一人の自分が宙に浮いているところをイメージ。

3.自分の意識がもう一人の自分に移動して眠っている自分を見下ろしているようにイメージ。

4.途端に金縛りが起こります。

5.幻聴・幻覚症状が起こり、時にはゴオオオオというジェット機のような音がすることも。

6.恐がると抜けられません。落ち着いた状態を維持したまま上体を起こしましょう。

7.もう一人の自分に意識が完全に移行し幽体離脱完了です。

数かぞえ法

こちらもまた有名な体外離脱方法。

1.目を閉じて脳内で数字を1から順番に数えていく。

2.10でまた1に戻ります。

◎ポイント◎

1を数える時に、「いー」の時に息を吸って、「ちー」の時に息を吐くこと。
10は「じゅーう」で息を吸って、再び1へ戻る時に「いーち」で息を吐きましょう。
呼吸や数を数えていることを忘れるくらい集中力を高めるのがコツです。
ふとした瞬間に幻覚または夢を見ていることに気付きます。
あとは身体から抜け出るように意識を集中させればOKです。

一人しりとり法

上記の数かぞえ法と同じで、ひたすらしりとりを行うというもの。
意識がぼんやりしてくるので、その間もひたすらしりとりをし続けます。
すると夢うつつの状態になるので、ここぞというタイミングで身体を回転させるか上体を起こすと身体から抜け出せます。

ローリング法

幽体離脱時の鉄板技!
このやり方は上記で紹介してきた方法と抜け出す瞬間以外はほぼ同じです。

1.仰向けに寝る

2.瞼を閉じて瞼裏の光をただ見続ける。

3.次第に身体の感覚がなくなっていき、ふとした瞬間金縛りが起きます。

4.落ち着いた状態で身体を左右に勢いよく回転させます。

5.これで完了です。

ブランコ法

1.仰向けに寝る。

2.頭の先から足の指先まで、全身の筋肉の緊張を一つずつほぐしていく。

3.リラックスしたと思ったら、ブランコに乗っている自分をイメージします。

4.周りの景色や漕いでいる感覚、身体に受ける風も細かくイメージしてください。

5.高く高く空高くまで漕ぎ、一回転するような感覚がするまで漕ぎ続けます。

6.遠心力の勢いでブランコから飛びます

7.するとイメージの流れで現実の身体からアストラル体が飛び出します。

あとは好きなように行動するだけです。

水泳法

1.仰向けに寝て、全身リラックスしてください。

2.水の中で泳いでいる自分を細部までイメージします。

3.実際に泳いでいるような感覚になるまでひたすら続けます。

4.繰り返しているといつの間にか離脱していることに気付きます。

幽体離脱するコツの共通点

上記で紹介した方法の全てに共通することが、必ず“全身リラックスしていること”
身体の緊張は離脱を妨げるので、身体の感覚がなくなるまでひたすら緊張をほぐしてください。

そして、上記の方法どれでも構わないので、自分に合ったやり方で幽体離脱する前の前兆である金縛りや耳鳴りまでもって行ってください。
あとはローリングしてみたり、上体を起こしてみたり、好きな方法で離脱しましょう。

体外離脱で寝落ちないための眠気コントロール法

離脱を試みるリダンツァーの人たちが特に気になっているのが、眠気をコントロールする方法。

・疲れている場合は一旦仮眠をとってから挑戦する。
・アラームをかける。

上記2つが基本的な眠気対処法ですが、他にも便利な睡眠アプリに頼ってみるのも良いでしょう。

仮眠時間がわかる睡眠アプリ「Somnus/ソムナス」


引用元:App Store

その日一日、最も集中できる時間はいつなのか。
眠気を予防するためのおすすめ仮眠時間帯や、眠くなり始める時間の推測をしてくれます。


引用元:Somnus (ソムナス) | 睡眠を記録、改善できる目覚まし・睡眠アプリ

こういったアプリを使って自分の睡眠を管理することで、幽体離脱するために最適な時間を見つけられます。


引用元:Somnus (ソムナス) | 睡眠を記録、改善できる目覚まし・睡眠アプリ

眠気の理由と改善するためのポイント

幽体離脱のチャレンジ中に寝落ちてしまうのも色んな理由があると思います。
下記には各理由ごとの対処法&対処法をまとめました。

・疲れているor寝不足 ⇒ 仮眠をとって体力を回復する
・食後の眠気 ⇒ ゆっくり食べる、低糖質な食事をとる、野菜から食べる
・生理前の眠気 ⇒ 幽体離脱する日をずらす
・集中による眠気 ⇒ 脳を飽きさせないようにする

疲労からくるものであれば睡眠を摂って体力を出来るだけ回復します。
食後の眠気など血糖値上昇や低血糖によるものであれば、食事の仕方に注意することで眠気を予防できます。
女性の方で生理前の眠気が…というなら、幽体離脱のタイミングをずらしてしまいましょう。

瞑想などもそうですが、ひたすら集中していることで眠気を誘発させるなら、一点集中する(呼吸だけに意識を向けたり、目の裏側に映る光をひたすら見続ける)など、わずかな刺激を脳に与えてください。

また、脱水症状などの水分不足で眠気を誘発する場合もありますので、適度な水分補給をするのも良いでしょう。

VRやオンラインカジノでアドレナリン上げてから幽体離脱するのもアリ!?

何か楽しいことをしたあとに、興奮して眠れない!なんてことがありますが、その方法を敢えてやるのも良いのではないでしょうか。

たとえばミニーカジノ!

【クリスマスフォーチュン:トーナメント&キャッシュドロップ】

開催期間:2020年10月27日19時00分~2021年01月12日18時59分

約3か月にわたって開催されるミニーカジノのクリスマスイベント!

賞金プールは10,000ドル/週で、 1回のスピンで最大額$5,000の現金を獲得できるチャンスも◎

そういえば前回のハロウィンイベントでも、賞金総額620万なんて高額賞金もありました!

過去記事:稼げるオンカジプロモーション集!カジノアプリで稼ぐ秘訣!

さっそく始めようという方はこちら↓↓
オンラインカジノ【minny casino】へ無料登録

また、下記オンラインカジノもお勧めです。興味のある方はぜひどうぞ!

188BETに無料登録 

ユースカジノへ無料登録 

当サイト限定!ボンズカジノのボーナスコードを貰うならこちら↓↓
ボンズカジノ限定Boon of Bonsは口コミ評判ボーナスコード超え

現在の最新VR事情!フルダイブまで着々と進行中!

先月、10月21日から23日まで東京ビッグサイトで開催された「先端デジタルテクノロジー展」では、最新のXR(VR・AR・MR)技術が発表されました。

その中で、オランダ企業コーンズテクノロジー社が裸眼で観られる8K3Dディスプレイを発表!


引用元:コーンズ テクノロジー株式会社

VRゴーグルを着けずに楽しめるようになってくれれば、メガネユーザーとしては歓喜です(笑)

ちなみにこのコーンズテクノロジー社では、他にも物に触れずに触った感覚が作り出せる「バーチャル触感」も開発しています。


引用元:コーンズ テクノロジー株式会社

コロナ禍でテレワークが取り入れられ始めたことにより、オフィス削減の動きが増えてきました。
その中で開発されたのが、バーチャルリアリティ内のクラウドオフィス「RISA」
11月10日に、株式会社OPSIONという企業がアバターで出勤できるクラウドオフィスをリリースしました。


引用元:クラウドオフィスRISA

部署やチームでエリアごとに分かれて利用でき、個別での音声通話はもちろんチャットや画面の共有もできるそうです。


引用元:クラウドオフィスRISA

将来的にはかなりの需要が見込めそうですね。

そしてゲーマーなら歓喜するであろうハイテクデバイスが登場!
全身使って楽しめる家庭向けの歩行型VRデバイス「Omni One(オムニワン)」


引用元:Virtuix | Invest in the Future of Gaming

しゃがんだり、走ったり、ジャンプしたりと激しく動いてもOK。
家の中でかさばらないように折りたためるようにもなっているんだとか。
さらに詳しい内容が気になる方は↓↓

「レディ・プレイヤー1」だこれ! VR空間を“ホントに”歩けるVRデバイス「Omni」の最新モデルが公開に
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2010/23/news115.html

今後もさらにワクワクするような最新のVR事情をお届けしてまいります!
ここまで読んでいただき有難うございました!