669 Views

以前に書いた明晰夢や幽霊と消臭剤の関係についての記事が好評だったので、今回は体外離脱に関する内容の記事を書きます。

※以前の記事

幽霊とファブリーズの関係や世界初のイギリスサイボーグの話

明晰夢は脳波でヘミシンク!?ガランタミンで夢を操れる薬や誘導・VRや研究大学等

体外離脱とは

まず、体外離脱とはどういうことかと言いますと、自分の肉体から抜け出た世界を体験すること、とフリー百科事典のウィキペディアには書かれていますね。

自分の肉体から抜け出た世界を体験、というと、臨死体験や幽体離脱などが真っ先に思い浮かびますが、問題は本当に魂のようなものが離脱してそういったことを体験しているのか?それとも脳への電気的刺激などによって何らかの幻視のようなものを見ているのか?ということが気になりますよね。

体外離脱とは

アメリカの超心理学者で、体外離脱の体験者とされているロバート・モンローなどの研究者は「アストラル投射」、通常の神経活動とは別の意識または魂が存在することと、物質界とは別の次元であるアストラル界をアストラル体が旅するアストラル投射である、などの見解を示しているようです。

このエーテル体とアストラル体については以下の記事をご覧ください。

エーテル体(幽体)とは人間の霊体を形成する粒子の中で一番レベルの低いもので、人間が死を迎えるとエーテル体も自動的に消滅しますが、通常60日前後は残存し続け、その間、人は物質界と幽界のはざまで崩壊していくエーテル体をまとった中間的な霊体(幽霊)として存在することになります。その間は生前に自分がいた物質界に半ば足を突っ込んだ形で留まるため、ときにはそこへ関与して物理現象を引き起こすことも可能です。幽霊の目撃やポルターガイストなどの心霊現象が起きるのは多くの場合、こうした期間にいるエーテル体霊の仕業です。

なお仏教ではエーテル体の崩壊期間を「四十九日」と定めており、死去から49日目に法要を開いて成仏(幽界・霊界へ完全移行)したと見なします。

古代秘教の集大成とも言える神智学の教典によれば、人間の身体は肉体・エーテル体・アストラル体(感情体)・メンタル体(精神体)・コーザル体(思考体)・ブッディ体・アートマ体・モナド体の八層から成っていると説かれています。このうち、エーテル体は肉体とほぼ重なって存在しており、アストラル体、メンタル体、コーザル体の各体はその上部に順次、層を形成して広がっています。一方、ブッディ体、アートマ体、モナド体は人間の真我(魂)を形成する質料であり、肉体の内部に眠っている状態で存在します。

出典:エーテル体とアストラル体 – 霊能力入門

ブッディ体やモナド体といった普段あまり聞き慣れない用語が出てくると戸惑いますが、要は人体は「肉体」「幽体」「霊体」「魂」の四重構造になっていて、肉体以外に「エーテル体」「アストラル体」「メンタル体」「コーザル体」の四重構造だと思えばわかりやすいのかもしれませんね。

病は気から、とも言いますし、調和的な精神を持つことが日常生活においては特に大事です。

1943年にはG. N. M. Tyrrellの著書『Apparitions』という書籍で体外離脱体験という用語が初めて語られ、後にロバート・モンローなどの研究者によってアストラル体、エーテル体といった概念が語られています。

興味を持たれた方は少し調べてみると面白いかもしれませんね。

体外離脱と振動について

体外離脱と振動について

タイムリープや異世界へのパラレルワールド入りの際には何か耳鳴り、高いキーンという感じの音が聞こえたりするそうですが、幽体離脱の際にも耳鳴りが聞こえたりするようです。

そしてその耳鳴りがだんだんと高周波になり大きな音になるのだそうです。

感覚的には床が波打つように激しくて立っていられないようなものでしょうか。激しい振動を感じることこそが、体外離脱前の振動状態にあるという情報もあるようです。

なんとなくビリビリとする振動、これは肉体の感覚神経が幽体と遮断されて幽体の感覚が優位になるときの兆候なのだそうです。

脳内レコード法、数数え、耳鳴りブースト法…などなど様々なやり方があるようですが、一貫して言えるのは何らかの振動のような体感があるのが前兆らしいですね。

ロバートモンローさんの本や「ヘミシンク」でもありますように、体外離脱と体の振動は関係しているようです。

なお、明晰夢では金縛りは起こらないそうです。

体外離脱のテクニックについて

「波動の世界と臨死体験」 斎藤忠資

斎藤忠資という人の著書に波動や振動に関する上記のものがあります。

・現代科学によれば,宇宙の究極的な姿はエネルギー場の波動パターンである。素粒子はすべて振動するパターンから成立している(ディヴィス, 55)。

・人間の身体は,エネルギー場の多数の波動パターンが共振した所に具体化した波動体に他ならない。

・海の中の魚が海が世界のすべてであると思っているようにすべての生物が自分の知覚できる世界を世界のすべてだと思っている。

しかし人間が知覚できる周波数領域は宇宙全体の周波数帯域のほんの一部でしかない。人間には知覚できない周波数領域が宇宙全体には多く存在している。

・振動しているエネルギーは,周波数帯域の低いレベルから高いレベルまで階層を構成している。周波数帯域の異なるレベルは,分離していて直接つながってはいない。どの周波数領域にも限界があり,周波数を変更しない限りそのバリアを乗り越えることは出来ない。

・K.ウィルバーは宇宙はいくつものホロンが入れ子状態に重なり合って階層を構成しているとしそれを holarchy(階層的ホロン)と呼んでいる。

・人間存在は物質の場(肉体)と意識の場という2つの場が入れ子状態で共存し(場の中の場)各々の場が異なる周波数帯域を構成しているものと思われる。物質より意識の方がより高い周波数レベルから成立しているので地上で生きている間はこの2つの場は階層的ホロンとして不可分の状態で統合されているが肉体から分離した時は,振動数を上昇させて,より高い周波数領域に変容しながら移行するのであろう。

この中で大事なことは、振動数と周波数という概念ですね。

真偽はともかく、人間は知覚できている周波数が全体のごく一部であり、海洋生物にせよ、他の動物にせよ、そして人間もですが、自分の知覚できる世界がすべてであると思っている。

そして各生物ごとに振り分けられている周波数は定まっていて、周波数を変更しないかぎり異なる周波数帯は見れないし認識できない。

そして臨死体験や体外離脱、幽体離脱はこれらの周波数や振動数と関係があるということがわかりますね。

以下のような要点もありました。

・宇宙のすべてのものは波動から作られて,階層的ホロンを構成している。

・人間は肉体と意識という異なる振動数の場の統合体であり階層的ホロン構造をなしている。

・臨死体験は自己意識のみが振動数を高めながら肉体から離脱し(体外離脱)
物 質界よりも高い周波数領域へと変容しつつ移行する出来事である。

・この移行プロセスとして体外離脱やトンネル状の通路の通過といった現象が生じる。

先程の人体の四重構造と同じようなことが言われていますね。

体外離脱のテクニックで思い悩んでいる人は、こうした振動数や周波数に目を向けてみても良いかも知れませんね。

「振動」を意識する事、そして「振動」が始まったら「エーテル体」に意識を向ける事です。

楽しい体外離脱とは

身体から魂が抜けだして……というアレですが、幽体離脱ネタの某芸人を思い出してしまいますよね。

体外離脱体験と合わせてよく言われているのが、金縛りや明晰夢ですが、

だいたいは以下の質問が多いようです。

金縛りは心霊現象なのか?ということ

どうすれば体外離脱ができるのか?

振動は感じるものの金縛りにならない

金縛りにはなるが身動きできず体外離脱できない

体が重くて自由に動かせない

どうすれば明晰夢が体験できるのか?

明晰夢と体外離脱は何が違うのか?

夢の中で夢だと気づくにはどうすればいいのか?

また、こういった定番の質問とは別に、楽しい体外離脱というウェブサイトもあるようです。現在では更新が止まっているようですが、興味がある方は一度目を通してみてはどうでしょうか。

他にも以下の脳波誘導サウンドなるものもあるようです。

おべぱるすは「大脳の周波数同調現象」を利用した脳波誘導サウンドです。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/arisu/obepulse.htm

ヘミシンクの音声というものもあるようです。

※上記から

ヘミシンク技術とは?
ロバート・モンローが開発した音響技術です。ステレオヘッドフォンを使って、左右の耳に振動数の異なる音を聞かせることで、聴く人の意識を、変性意識へと安全に誘導することができます。ヘミシンクを聴いた人たちは体外離脱する、しないに関わらず、さまざまな驚くべき体験を報告されています。そういう体験の中には、過去世体験、死後世界体験、宇宙内探索、ガイドと呼ばれる生命存在や知的生命体との出会い・交信、ワンネス体験などがあります。

しかし、様々な体験は、目的の一部でしかありません。私たちは、より楽しく思いっきり生きる人生を送っていただく一助になればと思っています。ヘミシンクは固まった観念から我々を自由にする道具なのです。

今回の音声には、イルカのエネルギーを入っています。
人間が10%に対して、20%の脳力を発揮できます。
この音声を聴くと体が高速に振動したりします。それによって、痛みが消え、心は深くリラックスします。そして、一番は頭を良くします。

脳を活性化するための強力なアルファー波とバイノーラル・ビートを使っているので、ストレス軽減のリラクゼーション音楽として最適です。あなたの探していた音声がここにあります。

イルカのエネルギー、良いですね。

クジラやイルカを「 神の使い=天使=救世主」「神聖動物」と見做す、西洋世界の宗教的心性の伝統もありますから。

※気になる方は、ぜひ上記の動画をご覧になって下さい。

以下のよく読まれている記事もあわせて是非どうぞ!

ray9は怪しい?luc888の評判と口コミ、出金や運用・換金について

ray9の口コミとスマホで手軽に遊べるお勧めネットカジノ

RAY9のデメリットとは?Dbacや新ロジック、利益や違法性の考察

インペリアルカジノの評判とray9が怪しいかの事実について


※明晰夢や幽霊に関する過去記事は以下をどうぞ!


幽霊とファブリーズの関係や世界初のイギリスサイボーグの話

明晰夢は脳波でヘミシンク!?ガランタミンで夢を操れる薬や誘導・VRや研究大学等