1,819 Views

世界初となる暗号通貨取引所直結のカード型ハードウォレット(デビットカード兼用)のケセラカード、そして「IDCM Quesera」取引所、前回の記事でも仮想通貨BeTokenと共にケセラ関連については軽く紹介しましたが、なかなかに好評だったため今回は続報としまして最新情報を追加で紹介します。

前回の記事:
仮想通貨BeTokenが上場!?Wallet、ケセラトークンとは?

今回の記事ではIDCM Queseraやケセラトークン、仮想通貨BeTokenのその後の続報やGCGアジアについて重点的に記事に書かせて頂いております。

IDCM自体をまだご存知ない方やQuesera(ケセラ)、暗号通貨・デジタルマネー関連に興味がある方、最近のビットコインの価格上昇や価値のある情報を探している方にとっても朗報となる記事です。

BeTokenは仮想通貨?それとも…!?続報は…

BeTokenは仮想通貨?それとも…!?

BeTokenという仮想通貨、暗号資産のトークンをご存知でしょうか。

ではまず手始めに、トークンとは何でしょうか?

トークンとは仮想通貨業界では一般的に使われている用語でしてブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨のことを「トークン」と呼びます。

トークンには発行者・管理者がいて、個人でも法人でも発行することが可能であり、通貨としての価値以外にもサービスへの対価としてや議決権を得られるトークンなど、独自の価値付が行われるのもトークンの特徴です。

BeTokenという暗号資産のトークン、仮想通貨もそういった数多くあるトークンの一種です。

最近になりこのBeTokenが注目を集めています。

ではBeTokenは仮想通貨かどうか?ということですが、

分散型ヘッジファンドのBetokenと仮想通貨のBeTokenは別物です。

ミニーカジノとの提携ということですが…果たして!?

果たしてこのBetoken、参加することにより先行者の旨味を吸えるのか?それとも泡の藻屑となってしまうのか?そこのところは神のみぞ知るということですが、興味がある方は予備知識のひとつとしてこういったプロジェクトが動いているということを知っておくのもいいかもしれませんね。

BeTokenと暗号通過の情報局
https://betoken.work/

仮想通貨BeToken
https://be-token.com/

分散型ヘッジファンドBetoken
https://betoken.fund/ja/

IDCM Quesera(ケセラ)とは?続報について(12月最新情報)

IDCM Quesera(ケセラ)とは?

International Digital Currency Markets
https://www.idcm-quesera.com/

「ケセラトークン」をトレードしたりQueseraカードにデポジットをすることでショッピングに使ったりと用途が幅広いのが魅力的なIDCM Queseraですが、続報はどうなっているのでしょうか。

最新の情報を追ってみました。

サイパン法人のQuesera Global Corporationが北マリアナ連邦政府から発行されたライセンスを保有し運営管理を行っているのがIDCM-QUSERA取引所。

IDCMケセラ(Quesera)とは10月1日にオープンしたIDCM-QUSERA取引所のことです。

※現在のところ情報編としては、やはり先程のBeTokenの情報を発信している方のものが最新情報が得やすいようです。

2020年10月1日にオープンしたIDCM-QUSERA取引所は、現在ビットコインを含む他の仮想通貨の上場許可も下りていてブロックチェーン業界の発展にも多くの期待を寄せられています。

IDCMという中国の大手の取引所とのシステムを共有
IDCMとは拠点が香港にある取引所

このIDCMという取引所ですが、「中央集権非中央集権」のハイブリット構造によりメリットを組み合わせた新しい取引所を目指しているとのことで、ブロックチェーン業界で注目され始めた「非中央集権」という部分には目新しい新鮮さを感じますね。

ビットコインを代表とする仮想通貨の多くは特定の管理者が存在しない非中央集権型。

ブロックチェーンが実現する「非中央集権性」、SDGs(持続可能な開発目標)を押し進める国連とブロックチェーン

ブロックチェーンが実現する「非中央集権性」、SDGs(持続可能な開発目標)を押し進める国連とブロックチェーン。
画像出典:Wikipedia

※持続可能な開発目標(SDGs)は2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を作るための21世紀の持続可能な開発目標。

そして地方創生SDGsとDX(デジタルトランスフォーメーション)、DAO(非中央集権型自律分散組織)など、これまではGAFAのような中央集権的な組織の台頭により非中央集権的な仕組みは難しかったようですが、これからの社会では既存の中央集権的な社会を一変させてブロックチェーン技術の利活用により金融・非金融問わず様々な領域で広がりを見せていくのでしょうか。

IDCM QueseraとXcoin

IDCM QueseraとXcoin

IDCM QueseraでSNSで調べますと「X Project」も同様に見受けられます。

Xcoinは既にIDCMQueseraへ上場確定なのだとか。

クローバーコインとはなにか?BeToken、IDCM Quesera、CTBC、いろいろと調べていく中で見かけたのですが、ノアコインの現在の価値に苦しむ方の救済措置?としてのXcoinがもらえるとの情報も見かけました。

クローバーコインというのは一昔前に流行った集団訴訟にまで発展したネズミ講的な仮想通貨のHYPE案件です。

当初クローバーコインは50円だったものが上場後には6倍の300円になり、さらには今後も価値が数十倍にもなると説明されていて、48ホールディングス、ヨツバホールディングスのネットワークビジネスは被害総額200億円以上にも上り、詐欺確定、集団訴訟にまで発展したのでした。

ヨツバホールディングスのネットワークビジネスであるクローバーコインは2017年当時、購入額の2割分のリップルをプレゼントしてもらえるキャンペーンと共にリップルが話題になったいたこともあり、年配の方を中心に多くの初心者が騙されたようです。

私としましては、基本的には仮想通貨系のICOやトークンには手を出したくない気持ちが強いです。

ICO…『Initial Coin Offering』の頭文字をとってこう呼びます。暗号通貨のICOは仮想通貨を発行して資金調達を行うことです。仮想通貨を利用したICO投資には詐欺が横行しておりリスクがつきものです。

株式投資のIPO(新規公開株式)への投資と似ている感じがしますが、IPOの場合は公募価格よりも初値が下回る「公募割れ」や上場後の損失リスクがあるものの、ICOのように元本が0になってしまうというような危険性がない分、IPO投資の方が信頼性は高いように感じます。

GCGアジア(ASIA)、GCG ASIAという高配当のFX案件について

GCGアジア(ASIA)、GCG ASIA

GCGアジアの公式ログインURL
https://f1.guardiancapitalag.asia/

GCGアジア、またはGCGASIA(GCGアジア)という名称はSNSなどの稼げる的な案件で目にしたことがある方もおられると思います。

このGCGアジアとはどういったものか?

GCGASIAの2020年12月の現時点での状況を簡単に説明します。

・高配当のFX案件で世界初の『自動逆ヘッジ為替取引』というトレードシステムを採用
・HYIP好きの人間のあいだで話題になっていたのがGCGアジア
・月利50%~70%を運用利益として還元してくれるという謳い文句
・最低1500ドルから始められて後は自動で銘柄を取引してくれる

GCGアジアには上記のような特徴があったようです。

GCGアジアはスイスを拠点としたオンライン外国為替(FX)取引、CFD取引、および関連サービスを提供するオフショアブローカー会社です。

ハイリスク・ハイリターンの投資のGCGアジアですが、スイスを拠点としているにも関わらずスイスの金融法により定められている金融市場監督局「FINMA」という機関の登録簿に登録が確認されていない。という情報もネット上の記事では見られました。

参考:
GCGASIA(GCGアジア)15日以上出金できない【運営が水面下で進めていることとは】│投資・カジノ実践記
(https://britishcomicawards.com/gcg/)

GCGアジア(ASIA)の現時点、2020年12月での状況

GCGアジア(ASIA)の現時点、2020年12月での状況

ではGCGアジア(ASIA)の現時点、2020年12月での状況はどうなのでしょうか。

やはり9月以降、資金調達が上手く行っていないのか出金停止が続いているようです。

かの有名なプラストークンやWoTokenにも言えることですが、HYIP関連の案件はハイリスク・ハイリターンですので早い段階で先行利益に乗ることができるのであれば参加してもいいのかもしれませんが、こうした新興の案件は周りが騒ぎ始めたら危険な徴候があると思っておいたほうがいいと思います。

※HYIPといえばPGAについての下記の情報も!

PGA投資・プランスゴールドの紹介報酬とは?評判や出金・複利などを解説

PGA確実に飛びました!これ以上、PGAへ入金はしては行けません!

PGAですが、こうしたHYIPへの投資は余剰資金で行うのは当然として、投資で万が一失敗したとしても、安定的に入ってくる収入の存在を作っておくことが望ましいです。

そういった意味でも以下の記事は読んでおいた方がいいでしょう!!

※オンラインカジノ以外にも、以下の物販・せどりの攻略法を記した記事もオススメです。

【緊急】お金が必要ならこれをみろ!話題の即金アプリ ぴこるとデルタトレーサー

デルタトレーサーがログインできない?せどりリサーチ最強の転売ツール

デルタトレーサーの使い方より大事!せどり転売をやめたくなくなる情報