124 Views

現在、ブロックチェーン技術を使った新しい「お金」であるデジタル通貨への期待が世界中で高まっています。

電子マネーやキャッシュレス決済アプリといった、現金以外の方法での決済方法は便利でお得で時代の流れに即していると言えます。

キャッシュレス決済といえばクレジットカードやデビットカード、電子マネー、楽天ペイやペイペイなどがありますが、ここにきて遂に日本政府が、中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)の利用を検討する意思を公式に表明しました。

これは中央銀行デジタル通貨(CBDC)発行に対する機運が、世界中で高まったためだと考えられます。

直近でのトップニュース

日銀デジタル通貨本気、担当部門にエース級、表向きは計画なし
イングランド銀行、中央銀行のデジタル通貨デザインに関する主要円卓会議に参加
仮想通貨ネム(XEM)急騰に日本市場の存在感、ビットコインは12000ドルの節目をブレイク(出典:coinpost.jp)
Bitfinex、21種類の仮想通貨取引ペアの廃止を発表
ビットコインキャッシュとライトコインの仮想通貨投資信託、米証券預託機関が認可=グレースケール
仮想通貨取引所Huobi、DeFiアライアンスを設立 MakerDAOやCompoundなど参加
LINEの仮想通貨取引サービスBITMAX、独自通貨LINK取扱開始で新規ユーザー登録が1万人増加
中国四川省の大雨被害、仮想通貨マイニング施設にも影響か
中国のデジタル人民元、北京や香港での試験開始も視野 – Bloomberg
マレーシアのタクシーにデジタル通貨ビットコインだけで乗車可能に

この記事を作成している時点(8月18日18時台)では、仮想通貨がバブってるような様相が見れました。

円高に振れても株安にはならずに、原油、金、仮想通貨が買われている状況。

特にビットコインが上昇し、年末にかけてビットコインの過去最高値にチャレンジしてくるのかどうか。

今の価格でもビットコインは相当割安感がある現状、果たしてどうなるのか?

そしてバフェット氏はビットコインを慌てて購入するのだろうか?

それでは以下、本題になります。

cryptogの評判について

cryptogの評判について

仮想通貨民にとって評判のクリプトGT。

下記の前回の記事でも詳細に触れていますが、

CryptoGTの評判や口コミビットコインFXのコツと自動売買について

CryptoGT (クリプトGT) を利用するにあたり、評判・レビュー評価・口コミが良い理由としては手数料の安さと取扱通貨の種類が多いのが好評の理由でしょう。

CryptoGT (クリプトGT) の特徴
取引手数料: 無料
最大レバレッジ: 500
取引方法: FX
法人口座: ◯

仮想通貨の取引所選びに迷っている方にとっても、CryptoGTは評判が良く、入出金に関してもこれまでに問題が起きたことが無いのでそういった面でも評価に結びついているのではないでしょうか。

一度口座を開設をして利用し、慣れてしまえばもう外すことのできない取引所の一つと言えます。

CryptoGTは日本でも人気の海外取引所(評判・口コミなど)

CryptoGTはMT5(メタトレーダー5)に対応

CryptoGTでアルトコインのFXをやってみようという方も多いようです。

口コミ・評判で多いものとしては、MT5が使えるという部分にメリットを感じている利用者が多いようです。

MT5とはメタトレーダー5のこと。

2020年の現段階では、このMT5(メタトレーダー5)に対応している国内業者はごくわずかです。

これまでの海外FXの取引ツールといえばMT4ですが、MT5の使い心地は性能が向上しており、裁量トレーダーには特に好評の評判がいい取引ツールなのです。

通信規格や通信速度がこれまでの4Gから5Gへと格段に進歩するように、
または
スマホでのタッチ決済やデジタル通貨など、新たなお金の概念であるデジタル通貨が今後普及し便利でおトクなキャッシュレス時代の到来であるように、

取引ツールもばMT4からMT5へと、ITとその関連技術の進歩によって、これまでの常識を覆すような便利で新しいものが出てきています。

クリプトGTの評判(改めておすすめポイントを紹介)

CryptoGT/クリプトGT/Hatio Ltd.

メリット
・レバレッジが500倍
・証拠金としての仮想通貨の種類が豊富
・カスタマーサポートが日本語対応
・追証なし
・通貨ペアがレバレッジ取引所では世界一
・MT5対応
・約定拒否が少ない
デメリット
・日本円での出金は不可
・証拠金維持率の設定が高い

クリプトGTの評判について、まずはおすすめポイントとしては上記が挙げられます。

クリプトGTの評判や口コミ

続きましてはネットでの評判。

日本語対応、入出金手数料無料、追証なしで初心者も安心。最大500倍のレバレッジで58種類の通貨ペアが少額から取引できるのが魅力のポイント。

クリプトGTの評判や口コミから特徴を見てみると、2018年6月にリリースされて以降、レバレッジの高さ、豊富なアルトコインの取り扱い、為替対応などが評価されている要因だと言えます。

ITGウォレットは投資信託?平均月利10%で最大15%?BTCで毎日配当?

続きましてはITGウォレットについての情報です。

※過去記事にもITGウォレットについて触れてます。

エビスグループitgウォレットとbitcoin fxのやり方

ITGウォレットのユーザーの中にはKYCがなかなか通らず出金できない人が40%以上いる?なんていう情報もネットで検索すると出てきますが、果たして…!?

ITGウォレットとは、ビットコインを預けることでプロトレーダー監修の自動売買システムにより、シンプル操作ながらも資産が増えるというシンプル操作の配当型ウォレットとのことです。

KYC…KYC(本人確認)

あくまでもネットでの噂や評判なので、実際にトレードをしてみないことには真偽は不明ですが、一部ではそういった噂もありました。

ITGウォレットについて

2019年10月21日に運用開始した新しい配当型ウォレット
ビットコインFXで運用した利益が配当原資
仮想通貨youtuberが共同運営者
Telegramでウォレット管理

※どのような案件でも、リスクはゼロではありませんので、投資の際は余裕資金で利益確定を心がけて取り組んでください。

ITGウォレットの管理はTelegramのbot(自動プロブラム)で行われています。テレグラムのユーザーであれば、新たにアプリをインストールする必要はありません。

配当の原資はビットコインFX(BTCFX)の収益です。

ITGウォレットについて知りたがっている人は、出金の有無や将、飛んだ、ポンジスキームかどうか、危ないのか?出金できないかどうか、評判、そしてKYC(本人認証)について情報を探しているようですね。

ITGウォレットの配当は2種類・ビットコインFXの運用利益が配当原資

ITGウォレットの配当では自己運用配当と紹介報酬の2つがあるようです。

自己運用配当では月利が最大で15%です。こちらはビットコインFXの運用利益が配当原資ですので、配当は変動します。

次に紹介報酬ですが、これはアフィリエイトになりますね。ダウン報酬は以下のようになります。

直紹介 :配当の40%
2段目 :配当の30%
3段目 :配当の20%
4段目 :配当の10%

ITGウォレットは2019年にサービス開始当初はオススメできない、といった意見も多かったようですが、最近では一部大化けする、といった真偽不明な情報もあるようです。

以下の前回のITGウォレットに関する記事でも書きましたが、

前回のITGウォレットに関する記事ITGウォレットとは?出金/入金/評判/運用を網羅

世の中にはポンジスキームやスキャム、HYIP(ハイプ)案件というものがあります。

そしてITGウォレットは賛否両論。

ネットビジネスの本質は先行利益が常ですから、カウントダウンが始まる前に上手く飛びつき、イナゴタワーが形成される前に華麗に離脱。
選別対象から抜けるかどうか。逃げ遅れて焼かれるか。

タイミングを見計らい、これらの仕組みを理解し、自分を信じる者が勝つ流れを作れるのです。

ただ、ひとつだけ言えることはどのような局面、どんな案件にせよ、何事も「行動するかしないかでその後の人生は大きく変わる」のは事実だと思います。

あなたはどちら側につくのか?つけるのか?

あなたがどちら側を歩くべきなのかを最終的に決めるのはアナタ自身です。

ハイプ案件?月利15%でも破格?(投資詐欺撲滅運動)?

以下のようなTwitterを見かけました。

確かにMLMなどは、投資情弱者同士が勧誘し合って、騙されていると気づかずに詐欺に遭う確率が高い。

そして投資詐欺で騙されているのはいつも日本人が多い。高ハイプ案件などはリスクの方が大きいのですが、新しく出ればまた騙されるという方が多いのも事実ですが…。

Twitter上ではこういった情報もあるようです。

海外FXの入金不要ボーナスとは

2020年8月現在、海外FXで入金不要のボーナスが貰えるFX業者は以下になります。

・GEMFOREX(ゲムフォレックス)

・FXGT(エフエックスジーティー)

・is6com(アイエスシックスコム)

・VANTAGE FX(バンテージFX)

・GKFX PRIME(ジーケーエフエックスプライム)

・XM(エックスエム)

・MILTON MARKETS(ミルトンマーケッツ)

・easyMarkets(イージーマーケッツ)

・FBS(エフビーエス)

これらの他にもまだあると思いますが、ご興味を持たれたらこれらを検索して口座開設されてみるのも良いでしょう。

※海外FXの入金不要ボーナスとは

この入金ボーナスとは口座開設ボーナスということでして、文字通り「入金不要、口座開設するだけ」で、自動的に取引に使えるボーナスとしてポイントなりリアルマネーなどが入金されるというプロモーションです。

未入金ボーナス(ノーデポジットボーナス)とも言います。

基本的に、付与されたボーナス自体の出金はできません。保有ボーナスとしてトレードの際に利用することができるものといった感じです。

入金ボーナスが貰えるオンラインカジノ・ミニーカジノ

新規登録限定で100%カジノ初回入金ボーナス!獲得額が2倍!最大250ドルまで貰える!

NEW RISE OF OLYMPUS 登録ボーナス(Sign-up Bonus)ライブカジノハウス

ライブカジノハウス・当サイト限定30ドル&20回フリースピン初回登録ボーナスが貰える!

※上記の詳細については下記の記事でご確認ください。

【最速出金】入金不要で登録ボーナス!30ドル+20回フリースピンのライブカジノハウス

最後に(まとめ)

ある仮想通貨アナリストの予測では、
「バフェット氏はビットコインを慌てて購入するだろう」と。

確かにビットコインは上昇傾向にありますね。
これは香港の人たちの海外への資産移転なども影響しているのでしょうか。
今後日本も新紙幣に移行する際に、上げ要因になったりするのかもしれませんね。

ほかにもLINEの独自通貨LINK取扱開始で新規ユーザー登録が1万人増加、といったニュースや仮想通貨取引所のHuobiがDeFiアライアンスを設立など、

暗号資産(仮想通貨)やデジタル通貨への関心はこれまでにない程に高まっている風に見れます。

XEMの急騰にせよ、日本市場の存在感は確かなものと見れるでしょう。

日銀がCBDCに本腰、「デジタル通貨グループ」を設置

新たなお金が続々誕生!デジタル通貨やクリプトGT、ITGウォレットの評判と口コミ

そして忘れてはならないのが、これから世界の通貨として当たり前になってくるかもしれないデジタル通貨。

実際、中国は「デジタル人民元」の運用をテスト的に開始しているようですし、世界46カ国の中央銀行でも「中央銀行デジタル通貨の発行」を検討していることが明らかになっています。

2020年の現在は、これまでの過去には前例の無いようなことが次々と起こっています。私達はおろか、私達の親世代でさえも、誰も経験したことがない世界を生き抜くことになることは間違いありません。

これまでのような古い価値観、昔の価値観にはとらわれないように心がけ、今後訪れる新しい世界にもついていける柔軟な思考を持っておくべきだと思います。

これからの時代はデジタル通貨と人工知能がさらに注目を集めていくのは間違いありません。それとブロックチェーンですが、ブロックチェーンは人工知能用のインフラなのかもしれませんね。

※ブロックチェーンといえば以下の記事もおすすめです!!

これからの時代はブロックチェーンゲームと新しい技術・オンカジで稼ぐ世界へ