227 Views

ここ最近は特にBitcoinが伸びています。
仮想通貨、暗号資産、そしてブロックチェーン(分散型台帳)。

ビットコインはしばしばデジタルゴールドと呼ばれることをご存知でしょうか。

今年2020年は激動の年です。

「新しい生活様式」、感染防止を想定した非接触生活、そして新時代をサバイバルするための武器とも言えるデジタルシフト。そして「CASE」と「MaaS」と呼ばれる新しい領域での技術革新。

つい先日もLINEの暗号資産(仮想通貨)である「LINK」の国内初の取扱となる取引所「BITMAX」、海外ではインドの最高裁が3月に暗号資産(仮想通貨)取引所に対する銀行規制を解除。

米国では暗号資産(仮想通貨)取引所のGeminiが富裕層向けの暗号資産投資プラットフォームであるBlockchange(ブロックチェンジ)と提携したことを発表。

世の中はいま着実に「デジタル資産の時代」に変わってきているという流れの中で、仮想通貨業界、オンラインゲーミング業界、銀行や証券などの金融機関までも、それぞれが生き残りをかけて新しいあり方を模索しています。

これからの「あたらしい経済」時代を迎えるべく、オンカジやeスポーツ、暗号通貨市場はいま大きな盛り上がりをみせています。

そして今回紹介する「PGS-40R」もLUC888の新規事業として、こうしたデジタルな通貨である「暗号通貨」にも関係してきます。
今回の記事では既存のLUC888ユーザーの方も、そうでない方も、どちら様でも一見の価値がある内容となっています。

以下からが本文となりますので、ぜひお見逃しなく!

LUC888は売れない?(GCを売れるRMTやGC売却一覧を紹介)

LUC888は売れない?

LUC888は売れない?という疑問ですが。

つまり、LUC888の操作方法すらわからないという初心者の方やRMTサイトの仕様をよく理解されていない方がまず最初にこのような疑問を持たれることと思います。

LUC888では、GC(ゲームチップ)と呼ばれるサイト内の通貨をeスポーツバカラのゲームプレイにより増やし、それをPixyなどのRMTサイトを使って売却することでリアルマネーである日本円の現金に変えて出金します。

なのでLUC888内で稼いだGCは、GCを売れるRMTサイトを知っておかなければなりません。

※ちなみにこのLUC888のゲーミングチップ(GC)は現段階ではGCが売れないということはないようです。

LUC888・GCの需要はかなり多いようですし、eスポーツの需要が高まる中、チップを増やしやすいバカラゲームのラックトリプルエイトにおいては、そういった心配は今のところ不要と言えるでしょう。

以下にGCを換金できる売買サイトを紹介します。

「Guiltrade」
https://guiltrade.com/
ユーザー登録さえすればluc888のGCをビットコインで出金可能。

MERRY-GO-ROUND(通称MGR)
https://mgr.gift/
2020年7月1日よりオープンした新しいRMTサイト。

RMT.club
https://rmt.club/
RMT.clubではゲームチップが売買できます。RMTサイトでは古い方です。

Ge-ni RMT
https://rmt.ge-ni.net/
LUC888のキューブやアクセスキーなども売買されています。

Game Swap(ゲームスワップ)
https://game2swap.com/

LUC888は売れないかどうかという疑問をお持ちの方は、上記のRMTサイトをそれぞれ見られることをオススメします。

RMTサイトを知っていれば、その分だけ売却できる確率が高まります。

LUC888の必勝法を探したり考える前に

LUC888の必勝法とは、すなわちeスポーツバカラの基礎知識やバカラをさらに楽しむためのゲームの流れを知ることです。

必勝法を探すなら、まずは以下のようなバカラ攻略の基礎から学んで見るのも良いでしょう。

LUC888バカラ必勝攻略法~基礎編~

ちなみにバスタビットやルーレットを好んでされている方ならご存知でしょうが、こういったものに完璧な必勝法などというものはありません。バスタビットやルーレットでもモンテカルロ法を試しましても、当然必勝法などはありません。

必勝法がないからこそ、複数のロジックを組み合わせ検証し、勝てないときは深追いせずにさっと手を引くといったことを行うのです。

そうやって自分だけのロジックやベットマネージメント、ゲームのルールと確率をはじめ、それに基づいた基本戦略(セオリー)を身に付けていき、勝てるときにはどんどんと攻めて大きく勝利金を手にし、負けそうなときはスパッと損切りをして次に望む。

そういったことを繰り返していくなかで自分の中での必勝攻略法が生まれるのです。

バカラではどのように賭けるとどういった配当が貰えるのか?

確率から見る攻略法、バカラに適した攻略法:マーチンゲール法・パーレイ法などと共に、勝つためのコツを身につけながら磨いていくことで勝率は格段にUPしていきます。

LUC888の新規事業「PGS-40R」をわかりやすく紹介

LUC888の新規事業「PGS-40R」をわかりやすく紹介

PGS40Rにつきましては、以下の記事にて最新速報ニュースとして第一報を報じています。

LUC888の新規事業にご興味のある方は以下の記事は必読です!

ADCUBE 40R(アドキューブ)とFriend City(フレンドシティ・仮)とは

LUC888の新案件《PGS40R》はどんな必勝法よりも仕組みが神懸り的

それでは以下にLUC888の新規事業「PGS-40R」の特徴を紹介します。

ADCUBE 40R(アドキューブ)と《PGS40R》とは

・LUC888が次の新たなステージに出発する新案件(そのための資金集め)
・スポーツバカラの配信元(PROVISION GAMING)になる
・とFriend City(フレンドシティ)というVR経済圏を作る

ざっくりとですが、まとめますとこのようになります。

Eスポーツバカラの市場規模は今後も伸びていくでしょうし、LUC888の場合は世界によくあるこれまでのようなオンラインカジノではなく、eSports分野のアミューズメントゲームということで注目されています。

LUC888の新案件のPGS-40Rでは、1万円から参加できて、

・プレミアムフィフティーズハッカー(ダランベール法搭載)
・ADキューブ
・20万FGC

これらが受け取れる案件です。

PGS-40Rという新事業のスキーム

PGS-40Rの内容を簡単に説明しますと、

LIVE映像のコンテンツをLUC888で制作し、LUC888自体がバカラゲームなどのライブ映像を供給するプロバイダーとなり、レベニューシェアで売上の拡大を狙っていくというものです。

LIVE映像を配信する「PROVISION GAMING」の放送スタジオも以下のように現在進行系で仕上がってきています。


2050年のTOKYOのイメージ:サイエンスフィクションな世界を感じる洗練された空間。

※PROVISION GAMINGはエストニアに本社を置く世界のゲーミングサイトへコンテンツを提供する企業体です。

エストニアは北欧に位置し、「電子国家」として世界からの注目も集めていますね。

ProVision Gamingのツイッターは以下になります。

ProVision Gamingのツイッター

ProVision Gamingさん (@ProV_Official) / Twitter
ttps://twitter.com/prov_official

なお、バルト三国の一つで、ラトビア、ロシアと国境を接し、バルト海とフィンランド湾に面している電子国家のエストニアでは、 「e-government」と呼ばれる国民データベースにより、国民はICチップ付きIDカードによって全ての行政サービスを受けることができ、自然や古き良きものを大事にしながらも最先端の技術を随所で見ることができるそうです。

行政の手続きも99%がオンライン化されているサイバー先進国のエストニア。

エストニアは電子化されたデジタルインフラなどにより、新型コロナのパンデミック下においても、デジタルシステムによって国民を守ることができたのだそうです。

PGS-40Rとデジタルな通貨である「暗号通貨」YASコイン

PGS-40Rとデジタルな通貨である「暗号通貨」YASコイン

冒頭にてLUC888の新事業であるPGS-40Rがデジタルな通貨である「暗号通貨」にも関係する、と書きましたが、その説明をしたいと思います。

LUC888の新案件のPGS-40Rでは、

購入する
・40Round 100万RGC = 約1万円 (総販売数 15,000set)
・200,000 FGC = 約2万円相当
・AD Cube(売上の配当を貰える権利で13~30%)
・PREMIUM fifties hacker(プレミアムフィフティーズハッカー)=定価11万円

こういったものが貰えますが、これははっきりいって価格に見合わない価値のものと言えます。

以前の記事でも書いていますが、

フレンドシティとは?(Friend City)

ADCUBE 40R(アドキューブ)とFriend City(フレンドシティ・仮)とは

これだけのあり得ない量のプレゼントが貰える理由としては、LUC888の中に街を作ろうとしているからです。

これは今後に主流となってくると思われる「VR経済圏」において、自分のサービスをカンパニーアプリとして上場させて他人との人気と豊かさを競ったり、自身のサービスを利用してもらう為の専用暗号通貨である「YASコイン」を自分で作成し、Friend City内の分散型取引所に上場させて人気と富の豊かさを高めるというVR経済圏の先駆けとも言えるコンテンツです。

リアルの世界の経済も今後は仮想現実へ?コロナ後のバーチャル経済圏への期待

バーチャル経済圏

プロビジョンゲーミングが続く限り、毎月収益の分配が入るADCUBE 40R(アドキューブ)。

そして「仮想通貨がバーチャル・リアリティの基軸通貨に?」という記事を先日も見かけましたが、今後はVR経済圏がどんどんと拡大すると思われます。

AR(拡張現実)・VR(仮想現実)というテクノロジーによってリアルとデジタルの世界が融合することで、今後は新しい形でのコスプレイヤーズ=VRレイヤーのようなものが登場するかもしれません。

また、5G、6G、そして7Gと通信規格の進化によりリアルとバーチャルの中間、仮想世界を主軸としたVR空間でのバーチャルイベントサービスなども盛んになってくるのではと思われます。

VR空間内での価値のやり取りやバーチャルイベント。オンライン経済圏の拡大やVR(仮想現実)を活用したサービス。

近い将来、仮想通貨はデジタル通貨へと置き換わるでしょうし現実世界も数あるチャネルの一つでしかないと感じるような、「多くの人々が住む、新しい仮想世界」も今後はどんどんと生まれてくるかもしれませんね。

参考

生活の基盤はリアルからバーチャルへ  なりたい自分で生きていく「Thirdverse構想」(Forbes JAPAN) – Yahoo!ニュース
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/4b616337ba9a9211b02b63ea19f19c27e6ddd9a4

最後に(まとめ)

仮想現実の世界で交流し、経済を回すVR経済圏へのシフトも出始めていますが、社会のデジタルシフトはオンラインゲームやVR関連だけではありません。

日本でも水面下では「デジタル円」の発行に向けた機運が急速に高まってきています。

導入目前「デジタル人民元」に出遅れ「デジタル円」でビジネスはどう変わるか(新潮社 フォーサイト) – Yahoo!ニュース

デジタル人民元は導入目前、「デジタル円」はいつ? 「現金のデジタル化」にとどまらないビジネスチャンスも(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

「中銀デジタル通貨発行にブロックチェーン活用のメリット」 国際シンクタンクで討論会開催へ

CBDC(中央銀行発行デジタル通貨)の実用化に向けて|市場関係者からの理解醸成や一般市民への啓蒙 | STOnline

2020年に入り、世の中は全世界規模で目まぐるしく変化しています。DX、IOT、MaaS、AI・テクノロジーにヘルスケア事業、数え上げるときりがないほどに社会は今、デジタルシフトの波に乗っています。

夏の風物詩、高校野球でさえもスポーツにおけるデジタルシフトの波。コロナで変わる社会の様々な形。

PGS-40Rや最先端のオンラインカジノも同様です。今後スポーツビジネスはEスポーツがどんどんと主流になるでしょうし、オンラインゲーミングやバカラカジノ、デジタルテクノロジーの発展も今後はさらに過熱化し市場規模も膨れ上がるでしょう。

デジタル通貨も今後2、3年で広く普及する可能性がありますし、日米欧の中央銀行が画策している「CBDC」の流れによってはもっと早くになるかもしれません。

※ビットコインは2008年に始まった世界初のデジタル通貨で仮想通貨の一種です。 様々な仮想通貨(暗号資産/アルトコイン)があるなかで、ビットコイン(BTC)は最も名度が高く、流通量が多いです。

ビットコインといえば、以下のような陰謀論を信じる人も。

陰謀論の検索結果

ビットコインATMって??

現在オンラインゲーミングやオンカジサイトなどでは、仮想通貨の利用が急速に人気を集めています。

これからオンラインでのアミューズメントサービスサイトやデジタル通貨(BTC)の利用を体験してみたいという方は、この機会に以下の新進気鋭のサイトに新規登録(無料)を行い、ゲームなどを楽しまれてみてはいかがでしょうか。

オンラインカジノ【minny casino】へ無料登録

minny casinoバナー