656 Views

LUC888ではGCを売却して稼ぐ!e-sportsバカラの魅力やオリンピック、世界大会・競技種目などの基礎情報

こんにちは。
オンラインカジノ【minny casino】ブログミニー(管理人)です。

このブログでは度々書いていますが、2020年6月現在、
新型コロナウイルスの感染拡大により「eスポーツ」を中心としたスポーツベットやオンラインカジノに注目が集まっていますね。

現在、コロナの影響により野球やサッカー、バスケットボールといった人気スポーツがことごとく試合の延期を余儀なくされています。

ですがスポーツを求める需要は日々高まっています。

そうした声を受けてか、スポーツの試合から対戦、さらには配信までを、すべてオンライン上で完結させられる「eスポーツ」がここ最近では特に注目を集めています。

記事の中でも触れてますが、今後のニューノーマルな世界ではeスポーツを戦う人、観る人、携わる人がどんどん増えてくるのではと思います。

※参考ニュース

20200601
国体中止でもeスポ単独開催へ – Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6361215

アフターコロナの現在、そして新しい生活様式な未来。

e-sportsは今後どうなっていくのかについての考察記事です。

以下から本題です。

eスポーツとはエレクトロニックスポーツの略。

eスポーツとはエレクトロニックスポーツの略。

ゲームを用いての対戦や競技、様々な種目のことを指しますが、ピンとこない人やイメージが沸かないという方は、プレイステーションで発売されたウイニングイレブンパワフルプロ野球などをイメージされると良いでしょう。

またはストリートファイターシリーズなどでも良いでしょう。

ああいった感じのスポーツゲームや対戦格闘ゲームを、全世界規模で、今後の新世界での旧来のスポーツに変わる新たなエンタメとして行うというものです。

それでは本題に入ります。

e-sports バカラとbaccaratの今後

e-sports バカラとbaccaratの今後

こちらはe-sportsバカラゲーミングのLUC888の紹介動画です。

バカラといえば、最近ではもっぱらLUC888が人気ですが、e-sportsもバカラも似ていると思いませんか?
なぜならeスポーツは思考能力を競うスポーツだからです。
先日、某スレッドを眺めていたところ、
eスポーツはゲームなんだから、スポーツと呼ぶのはおかしい!!腹が立つ!!といった感じのスレッドを見かけました。

ですが、そんなことを言ったらスポーツ全般も広い意味ではエンターテイメントですし、ゲームもエンタメであり娯楽であり、コロナ渦で大変な中、癒やしや感動を与えてくれるデジタルゲームでありスポーツと言えますよね。

新しい生活様式、ニューノーマルな今後のコロナ後の世界では、eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ(electronic sports))の需要はさらに伸びてくるでしょうし、デジタルゲーム分野もどんどんスポーツとして参加してくると思います。

そしてバカラ(baccarat)はカジノの中でも最も人気のゲームであり、今後はスポーツベッティングのサイトもバカラを取り入れる動きも出てくるでしょう。

現に日本で人気のサッカー、野球、テニス、バレーボールといったスポーツベットができることで人気の大手e-スポーツカジノ、ウイリアムヒルスポーツカジノでもバカラがありますし、新しいGAMEのカタチを提唱するe-sportsバカラゲーミングフィールドのLUC888でもe-sportsバカラがあります。
バカラゲームとe-sports、特にeスポーツの方は今後は次世代ムーブメントと言いましょうか、時代の波に乗って今後のニューノーマルな世界では伸びてくると思います。

※以下はLUC888関連の役立ち情報です!良ければ読んでみてください。

パチンコ屋でも禁煙?!
https://luc888online.wordpress.com/

日本は世界一のギャンブル大国なのとオンラインカジノの需要が高まる理由
https://onlinecasino-888.com/?p=425

LUC888ではGCを売却して稼ぐ!

eゲーミングとカジノ市場から見るLUC888の可能性

e-sportsとオリンピックについて

e-sportsとオリンピックについて

eスポーツは今後ますます伸びて行くと思います。

以下のツイートをご覧ください。

「eSports」というフレーズも、最近では聞いたことがあるという人がどんどんと増えてきています。

世界で一番有名な大会であるオリンピックですが、コロナの影響で開催が延期になったりと大変ななかではありますが、その中でもアジア版「アジアオリンピック」にeスポーツがメダル種目として認定されたりとeスポーツ界隈の方では明るい話題が多いです。
そして現在、このeスポーツはスポーツの最大の祭典である「オリンピック」にて、【eSports】を正式種目として採用しようという流れが大きくなっています。

エレクトロニック・スポーツの略称でもあるeスポーツ。

「eSports」は今後の新しい世界、ニューノーマルな新しい生活様式のコロナ後の世界では、eスポーツを戦う人、観る人、携わる人がどんどん増えてくるのではと思います。

世界のeスポーツ企業と現状について

世界のeスポーツ企業と現状について

日本では何事も新しい形態は敬遠されがちですが、世界では既にどんどんと先を行っています。

日本ではゲームをスポーツと認識することにまだ抵抗があるようですが、海外では、ざっと世界を見渡してみると多くの大企業がeスポーツチームや選手、大会などに出資しています。

今後もこういった流れはどんどんと加速していくでしょうし、eスポーツの関連会社や協賛(出資)する大企業は増えていくと思います。

世界のesports(eスポーツ)ランキングとは?賞金額や人気タイトルなど

世界のesports(eスポーツ)ランキングとは?賞金額や人気タイトルなど

以下の記事をご覧ください。

いま世界で最も盛り上がっているeスポーツゲーム(PC版)10選!【2020年改定版】 | ALIENWAREZONE | PCゲーム&eスポーツで勝ち抜くためのメディア
https://alienwarezone.jp/post/1305
こちらの記事によりますと、eスポーツは「全世界で700億円」という市場規模だそうです。

この数字は総務省発行の「eスポーツ産業に関する調査研究報告書」による2017年におけるeスポーツの推定市場規模なのだそうで、れっきとした信頼性の高い情報です。

コンピューターゲーム作品を使用して人間同士が対決するeスポーツ

世界的な新型コロナウイルス感染症の感染拡大にともない、eスポーツが今後伸びてくるのはほぼ間違いないでしょう。

では2020年の現在、全世界におけるesports(eスポーツ)での賞金ランキングはどんな感じになっているのでしょうか。

【2020年】eスポーツの賞金ランキング一覧!世界・国内大会と国内プレイヤーの賞金を網羅 | esports PLUS

【2020年】eスポーツの賞金ランキング一覧!世界・国内大会と国内プレイヤーの賞金を網羅

こちらの記事によりますと、1位はDota2というゲームでユーザー数は1億人以上、賞金は約233億6,000万円ということで賞金ランキング堂々の1位だそうです。

2位のCS:GOは約88億7,000万円。

3位のFortniteは約85億円。こちらのフォートナイト、実はeスポーツの競技となっていたのですね。ご存じなかった方も多いと思います。

このように賞金ランキング1位から3位までの賞金額を軽くご紹介しましたが、いずれもすごい額ですよね。

eスポーツの良いところはどんどん更新されるコンテンツ、そして世界規模で展開されているという人気のゲーム性、さらには優勝賞金がとてつもなく高額ということ。

プレイユーザーが多くて賞金も大きくなっていくわけですから、今後もニューノーマルな新しい生活様式によりどんどんと利用ユーザーが増えていけば、将来が楽しみなコンテンツと言えるでしょう。

以下の記事もあわせてどうぞ。

国内でeスポーツ人気の高いゲームタイトル12作品 | eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト
https://esportstimes.jp/game/2020020503/

オンラインを中心としたe-Sports大会

オンラインを中心としたe-Sports大会

いま世界で最も盛り上がっているのがeスポーツです。

スポーツの祭典であるオリンピック正式種目への採用を検討されるほどに活性化を続けるe-Sports大会。

ではe-Sports大会の情報を得るにはどうすれば良いのか!?

e-Sports大会やeスポーツ自体がどのようなものかわからないという方は、上記をご覧ください。

では続いてはeスポーツ大会の情報の紹介です。

以下のページでは国内外の主要なeスポーツ大会の情報がまとめられています。

直近で開催される大会に関する参加者向けの情報、観戦のためのチケット&オンライン配信サービスなどを探している方にとってお役に立てると思います。

大会情報 | eSports World(eスポーツワールド)
https://esports-world.jp/tournament

一般社団法人日本eスポーツ連合オフィシャルサイト
https://jesu.or.jp/

第2回 全国高校eスポーツ選手権 公式サイト
https://www.ajhs-esports.jp/

JCG 誰でも参加できるeスポーツの大会サイト
https://www.j-cg.com/

ソーシャルディスタンスの徹底とニューノーマル、そして世界的なeスポーツの潮流の波に乗り遅れないようにしましょう!

eスポーツの種目

eスポーツの種目

eスポーツの種目には以下のようなものがあります。

出典:エレクトロニック・スポーツ – Wikipedia.png

eスポーツの競技種目

1 FPS(ファーストパーソンシューティング)
2 TPS(サードパーソンシューティング)
3 RTS(リアルタイムストラテジー)
4 MOBA(マルチプレイオンラインバトルアリーナ)
5 格闘ゲーム
6 スポーツゲーム
7 レーシングゲーム
8 パズルゲーム

出典:エレクトロニック・スポーツ – Wikipedia

PS4でも競うことのできるeスポーツ作品を紹介

PS4でも競うことのできるeスポーツ作品を紹介

eスポーツは現在かなりの盛り上がりをみせています。

対応プラットフォームもいろいろと対応しており、以下のような形になっています。

対応機種:PC/PS4/Xbox One/Nintendo Switch/iOS/Android

eスポーツゲームといえば、PCゲームタイトルのものが多かったりパソコン専属というイメージがかつてはありましたが今ではスマホでプレイできるものも出てきていますし、PS4でも競うことのできるeスポーツ作品もあります。

以下はPS4でも競うことのできるeスポーツ作品です。

・FIFA
・ウイニングイレブン
・実況パワフルプロ野球
・ストリートファイター
・鉄拳
・グランツーリスモSPORT
・Call of Duty
・Rainbow Six Siege
・ぷよぷよeスポーツ

以下のような動きも。

世界中で盛り上がりを見せる「eスポーツ」に目が離せない!

PS4 ぷよぷよeスポーツ(PuyoPuyoChampions)特訓 vs COOプロ、ここのわ 30先

パソコンから閲覧の方は、「ぷよぷよeスポーツ」の欄もクリックしてみてください。

「新たな日常(ニュー・ノーマル)」とeスポーツ。

#DMM_eスポーツがトレンド入り

#DMM_eスポーツがトレンド入り20200605

eスポーツはコンピューターゲームをスポーツとして競うもので、競技人口は世界一。

米ゴールドマンサックスが2018年7月に公開した報告書によれば、2017年の世界のeスポーツ市場規模は6.6億ドル(約700億円)。

2022年には29.6億ドル(約3300億円)に達する見込みだ。

国内についてはGzブレインが、2018年の市場規模を約48億円、ファン数を383万人と推計(2018年12月発表)。

2022年に約100億円、785万人まで伸びると予想している。

出典:「eスポーツ事業」の可能性 | ビジネスネットワーク.jp
https://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/6775/Default.aspx

新型コロナウイルスは依然として猛威を振るっていますが、抑え込みにメドが立ったところでは経済活動が徐々に再開されてきています。

そして世界中で盛り上がりを見せる「eスポーツ」とともに、「ニュー・ノーマル」に向けたデジタルシフトも既に起き始めています。

ニューノーマルの世界ではクラウドとデータが鍵を握ります。

コロナ後の変化、アフターコロナに乗り遅れないように、コロナ時代を乗りこなしていきましょう!

世界の「eスポーツ」をいち早く感じたい方は、ぜひ以下のミニーカジノへ無料登録をしておきましょう!!

オンラインカジノ【minny casino】へ無料登録

minny casinoバナー

最大55%まで報酬が貰える3ティアの超高還元アフィリエイト【minny casino】へ無料登録

アフィリエイト【minny casino】バナー

ミニーカジノ以外の以下のオンラインカジノもオススメです!

【最速出金】入金不要で登録ボーナス!30ドル+20回フリースピンのライブカジノハウス
ゲームの配信数も業界最多でライブカジノと提携しているプロバイダー数も業界最多!

初回入金ボーナス+200回のフリースピン!JOY CASINO(ジョイカジノ)

188BET japanが凄い!188ベットの麻雀やスロットの魅力とアプリを紹介