2,645 Views

優良なスポーツベッティングサイトといえば、有名どころではWilliam Hillが連想されますが、William Hillはあまりに有名すぎてこれからスポーツベッティングで稼ぐという目的を持っている方からすれば上手く行かないのではと思います。

それにスポーツベッティングは確かに稼げる可能性がありますが、初心者から初めていきなりすぐに稼げるというほど甘いものでもありません。

しっかりと稼ぎたいならきちんとしたスポーツベッティングサイトを選ぶべきです。

2021年、おすすめのスポーツベッティングサイトはこれ一択!

スポーツベッティングで稼ぐのにおすすめのサイト

きちんとしたオンラインブックメーカーをお探しなら、これから紹介する情報は最適です!

サッカー、テニス、競馬など様々な競技やスポーツにベットできるのがスポーツベッティングの魅力ですが、William Hillのように政治や芸能、天気などまで範囲が広すぎても稼げません。ブックメーカー(Bookmaker)をやる以上、最初は面白くて楽しめながら稼げるスポーツブックが良いのです。

そういった意味でも現在、最もおすすめなのが以下のスポーツブックメーカーサイトです。

2021年3月現在、私が個人的におすすめしたいのが以下の188BETです。

⇒ 公式サイト188BETへ無料登録

こちらの188BETでは、定期的にプレイヤーには嬉しいキャンペーンやイベントが開催されることで好評です!

188BETの直筆サイン入りユニフォームを今すぐ手に入れよう!.png

こちらは試合のスコアを正確に予想してサイン入りの選手ユニフォームと総額12000ドル/13,000,000円分のフリーベットが当たるというキャンペーンです。

春爛漫!スロットプロモ(188BET)

こちらは対象スロットが決まっていて、それらの機種は日本で大人気の32種!ベット条件をクリアすることで、毎週フリースピン・フリーベットが当たるという抽選会に参加できます!

開催期間は2021年3月8日から2021年4月5日まで!

こちらも大変楽しいイベントになっていますので、ぜひ奮って参加してみてください。

⇒ 公式サイト188BETへ無料登録

スポーツベッティングで稼ぐ!でもその前に!

先程も書きましたが188BETはかなりおすすめのスポーツベッティングサイトといえます。

中でも最近特に好評なのが以下のゲームです。

Imperial Suite
Casino

188BETのインペリアルスイート(Imperial Suite)
188BETのインペリアルスイート(Imperial Suite)

188BETではライブカジノでは、グランスイート、ウエスタンスイート、オリエンタルスイート、インペリアルスイート、ロイヤルスイート、マジェスティックスイートと豊富なラインナップでライブカジノが楽しめます。

また、カジノやスポーツベッティングだけじゃなく、最近新たにアクションゲームも実装されました。

188BETのアクションゲーム

このアクションゲームでは、毎日ゲームをプレーすることで、$10 / \1,050のキャッシュバックが貰えるというものです。

188BETのアクションゲームはスリル満点!新感覚のアドベンチャーゲームとなっています。

これはゲーム好きの方は必見!今なら毎日$10 / \1,050もらえるチャンス!ぜひ登録して楽しみましょう。

⇒ 公式サイト188BETへ無料登録

188BETのバーチャルゲーム
188BETのバーチャルゲーム

eスポーツベッティングと未来のバーチャル オンライン スポーツベッティング

去る2019年には格闘ゲームの一大eスポーツ大会「EVO 2019」が開催されました。近年急速に発展しつつあるeスポーツ。もはやイースポーツはVR時代のスポーツ大会の礎なのかもしれません。

競技性の高いコンピュータゲームを題材にした「eスポーツ」の人気はとどまるところを知らず、世界的に大きな盛り上がりを見せています。日本円換算で億単位の賞金がかけられ人々はエレクトロニック・スポーツ (electronic sports)にハマります。

バーチャル空間にRAGE会場が出現し、まるでRAGEの本会場にいるかのような臨場感でeスポーツを観戦することができたりと、テクノロジーの進歩は留まるところを知りません。

※VR空間でeスポーツを観戦できるバーチャル施設「V-RAGE」では観戦者はアバターを使って来場し、他のユーザーとチャットもできます。

果たしてリアルスポーツはバーチャルへ舞台を変えるのか?オンラインを使用してプレイするバーチャルスポーツ、スポーツという一見尖ったテーマの未来が、果たして今後どのように変化を遂げるのかはわかりませんが、デジタルテクノロジーの申し子といえるゲーム文化とともに、いい意味での娯楽性を増し、さらなるテクノロジーの発展に期待したいところですね。

現実世界の情報をリアルタイムに写し取ってデジタルワールドを作り上げ「デジタルツイン」、「ミラーワールド」を紹介

リアルワールドの情報をリアルタイムに写し取ってデジタルワールドを作り上げる手法「デジタルツイン」、リアルとデジタルの2つの世界を合わせる「ミラーワールド」を紹介しました。

ミラーワールドでは、現実の身体とゲーム内の身体は等価に扱われます。

 ミラーワールドでは、現実の身体とゲーム内の身体は等価に扱われます。例えば、「Ingress(イングレス)」(米ナイアンティック、2012年)というゲームでは、自分の身体そのものがゲーム世界に影響を及ぼす「エージェント」の役割を果たします。キャラクターをゲームマップ上で移動させるためには、現実空間を実際の距離だけ自分自身が移動する必要があります。

出典:eスポーツはなぜ人気が出たのか 世界で起こった「4つの潮流」:日経クロストレンド
(https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00253/00006/)

デジタルワールドでは、ユーザーの一挙手一投足がエンハンス(拡張)されます。例えば腕を振り下ろせば炎の魔法が放たれ、目を凝らせば壁の向こうが見え、軽くジャンプすれば10メートルの壁を越えるといった具合です。ゲーム内では、ユーザーの身体がプレーヤーの身体として何十倍にも能力が拡張されるのです。

プロモーション×デジタルの未来を届ける情報サイト

出典:プロモーション×デジタルの未来を届ける情報サイト | 電通テックの公式メディアBAE
(https://bae.dentsutec.co.jp/list_page/?tagid=33)

自身のアバターで入場する「バーチャルハマスタ」。バーチャルSNS空間でリアルに再現された「バーチャルハマスタ」のエントランスは圧巻です。「球場に来た!」という体験を味わえるよう球場の周辺も制作し、「あのハマスタに来た」という擬似体験ができることも意識されているようです。

コロナ流行を契機にリアルとバーチャルの共存は、今後のスタンダードになるとされています。

※現実世界に2Dの高画質CGを投影する「3DCGホログラム(疑似ホログラム)」や、操作パネルなどが空間に浮かび上がる「空中ディスプレイ」など

出典:
実写による3D映像でリアルタイムのライブを可能に。ホログラム配信の現状と可能性 | 電通テックの公式メディアBAE(https://bae.dentsutec.co.jp/articles/holotch/)

約3万人が熱狂!バーチャルスタジアムに見る、スポーツビジネスの新たな可能性 | 電通テックの公式メディアBAE(https://bae.dentsutec.co.jp/articles/vr-stadium2/)

エンタメ、スポーツ観戦、さらには他の分野でも。リアルとオンラインの併用という新たな潮流とともに、今後はリアルとバーチャルの垣根がなくなりリアルの代替や新しいコミュニケーションの場となっていくのかもしれません。

※バーチャルオンラインによるスポーツベッティングといえば、以下の188BETのバーチャルゲームがおすすめです!

⇒ 公式サイト188BETへ無料登録