192 Views

いよいよですが、eスポーツが正式な競技として世界的に認められてきましたね。

最近ではブックメーカーでは、eスポーツの世界大会などが話題となり、スポーツベッティングの対象として人気を集めています。

これらの中でもリーグオブレジェンドは特に人気です。

オフラインの世界では、スポーツ関係はキャンセル続きで残念な時期ですが、また当たり前のような日々がくることを願いつつ、バーチャルなeスポーツの世界をぜひ皆さんにも知っていただければと思います。

ちなみにですが、公益財団法人 日本サッカー協会(JFA)は2020年4月17日(金)、eスポーツ・サッカーにおける日本代表「サッカーe日本代表」にWeb Nasri選手とfantom選手の両名が就任したと発表がありました。

PS4部門に鹿島アントラーズのWeb Nasri選手

Xbox One部門にSCARZのfantom選手

eスポーツサッカーの日本代表である「サッカーe日本代表」に上記の両名の選手が選ばれました。

また、最新のNHKニュースでは、新型コロナ感染拡大でサッカーゲームの対戦を競技として行う「eスポーツ」の国際大会が開催されることになり、日本代表の岡崎慎司選手も出場することになったとの情報がありました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からも、今後はこうした自宅などからの完全かつ安全な環境下での、人との接触を避けた形でのこれらの活動が盛んになっていくものと思われます。

※今後は5Gや人工知能(AI)などがますます重要な役割を果たすようになり、家がよりスマートになり、IoTデバイスの数は増えて快適になっていくでしょう。

G20で行われた、大阪トラック宣言。日本主導のデジタル関連づくり。大阪トラック スパーシティ スマートシティ構想。

参考↓
首相「大阪トラック」の開始宣言 デジタル経済ルール作りの枠組み G20 – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト
ttp://www.sankeibiz.jp/macro/news/190628/mca1906281317009-n1.htm

スマートシティ国内事例10選【2020年最新版】 – ビジネスWebマガジン「Future Stride」|ソフトバンク
ttps://www.softbank.jp/biz/future_stride/entry/technology/smartcity_20200331_1/

それにしても、最近は中国や日本の発電所や工場の稼働が悪いせいか、寒い春になってますね。雨や暴風とかも。

ネットカジノは勝てない?

ネットカジノは勝てない?

オンラインでのカジノは勝ちやすいのか?それとも全然勝てないものなのか!?

いろんな意見があるようですが、だいたいは実際にカジノをやってもいないのに、ネットの情報を鵜呑みにしてのイメージだったりするものです。

またはサイト選びを間違えてしまっているか。

オンラインカジノで勝ちたい場合、まず一番最初に大事なことが「サイト選び」です。

サイト選びを間違えてしまうと、いくらゲームを勉強したりスロットなどで頑張って攻略法を身につけたりしてもぜんぜん稼げない…というような結果になってしまいます。

オンラインカジノは一番勝ちやすいギャンブルだと聞いていたのに全然勝てない、というような人は、勝てないカジノで頑張っているからかもしれませんよ!?

ではオンラインのネットカジノで勝つためには何が必要となってくるのか?

それは「自分ルール」です。

オンラインのネットカジノで勝てない!と感じておられる人の大半がルールを何も決めていないことが多いです。

そもそもオンラインネットカジノといえど、100発100中でずっと勝ち続けているという人は少ないです。

オフラインのギャンブルと比べてみても、確かに※オンラインのネットカジノは勝ちやすいという事実はありますが、

それでも100回やって必ず100回ともに勝てるなどというものではありません。

勝つこともあれば、負けることもあるのがギャンブルというものです。

ですので勝ち続けている人というのは大抵は何らかの自分ルールを決めています。

具体的には以下のようなものになります。

・勝負する期間を決めてやってみる(いつからいつまで等)
・いろいろと手を出さずどのゲームで勝負をするのかを決める
・ゲームごとにシステムベッドを決めてみる
・自分の資金管理、軍資金の額を把握しておく
・勝負ごとにベットする上限を定めておく
・利確(利益が出たら確定させる)する額を決めておく
・損切りをする額を決めておく
・勝負ごとに記録をつけて分析をしておく
・次の勝負をするまでに仮設や検証をする

これらは一例ですが、勝つためにはただ闇雲に勝負するだけではなかなか勝てないと思います。

勝負の行方を左右するのは何らかのルールが大事になってきます。

勝負のすべてをただ運に任せてやっているのと、このように勝率を高めるための検証や分析を行いながら勝負するのとでは、最終的には大きな結果の違いが出てきます。

そして自分の戦略を見直しながら、この曜日やこの時間帯、このディーラーとは勝ちやすかったとか負けが少なかったといった感じで、試しながら検証をすることで、自分自身の経験値を高めながらコツコツと勝利を積み上げていけるのです。

オンラインカジノでは様々なゲームをプレイすることができて、スロット・バカラ・ルーレット・ブラックジャックなど、それぞれのゲームには特徴もあり勝てやすい、勝ちにくいといった違いもあります。

以下はそれぞれ統計ごとに算出された「還元率(ペイアウト率)」というものですが、この勝ちやすさを意識しながら自分にあったゲームを攻略していくだけでも大きな結果の違いが後から出てきます。

各ゲームのペイアウト率

スロット…95%
バカラ…98%
ルーレット…94%
ブラックジャック…96~102%

プレイヤーやディーラーとの相性や戦略、その時々の条件などによっても変わってきますが、単純にスロットゲームで運任せで当たるのを待っているよりは、勝ちやすいバカラゲームで勝負して勝率を高めてみるというのも良いものでしょう。

ネットカジノのパチスロとは何か?

7人の王(NEW!)ミニーカジノ
7人の王(NEW!)ミニーカジノ

ネットでいつでもどこでも気軽に楽しめるオンラインカジノのスロット。

このネットカジノのスロットは多くの方がイメージする日本のパチンコ店のスロット、俗に言うパチスロとは何が違うのか?

スロットを打たない人や、オンカジをやらない人からすれば違いがわかりませんよね。

ではその違いを説明しますが、まず第一に一日に動いている金額が違います。

パチンコ業界の市場規模が記載されているレジャー白書2019によりますと、日本のパチンコ・パチスロ市場規模は19.5兆円なのだとか。

一日に動く金額というのもパチスロでは、どれだけ多くても一日に20万円とか30万円が限界なのではないでしょうか。

ですがオンラインカジノのスロットでは一日どころか一度で数十万円から多い人ですと数百万円もの大金が動くこともしばしば。

また、ジャックポットと呼ばれる賞金が当たった場合には、数億円という勝利金をゲットできる可能性があります。

それにネットカジノの場合ですと、小さい金額では数十円からプレイができたりもしますので、ほんのお小遣いの範囲から手軽に遊んだりもできます。

そのため日本のパチスロとは違い、ちょっとした小遣い稼ぎの気持ちで学生さんやお父さん、主婦の方などでも楽しめますのでお財布にも優しく気軽にプレイできます。

ネットカジノの安全性について

ネットカジノの安全性

これから初めてオンラインカジノをやろうとお考えの方にとって、一番最初に気になってくるのがネットカジノの安全性だと思います。

登録しようとするカジノは本当に大丈夫な会社なのか?

そのオンラインカジノをするにあたって違法性や安全性、評判はどうなのか!?

ゲームは本当に勝てるのか?イカサマや裏操作などされていて、実は絶対に勝てないようになっているんじゃないの!?

あるいは海外のサイトだから、何か合ったときにどうしよう?

日本語が通じないと困る…

そういったイメージを持っているんじゃないでしょうか。

そういう不安をお持ちの方に説明しておきますが、そのオンラインカジノの良し悪しを判断する目安として、以下のもにに該当しているかどうかが判断基準になります。

・海外の政府機関などから営業許可証=ライセンスを取得しているかどうか
・独自の第三者機関から厳しい審査を受けているかどうか
・サイト運営側がイカサマや不正ができない仕組みになっているかどうか

これらの基準・条件を満たしていれば、そのオンラインカジノは信頼性が高いと言えます。

以下はミニーカジノのライセンス取得状況です。

ミニーカジノのライセンス

ミニーカジノはGaming Authority of Curacaoによる厳しい審査を通り、ライセンスを取得しています。また定期的に厳しい審査も行われています。

そしてMinny Casinoの運営会社のRWB Solutions International LTDは海外では割とポピュラーなオンラインカジノ会社であり、オランダ政府が認めるライセンスのキュラソーライセンス。 ソフトウェアはラスベガスカジノや韓国カジノ、オーストラリアカジノなど本場のカジノのスロットマシーンや、ベラジョンカジノやネットベットカジノなどのオンラインカジノのビデオスロットを制作する、スロットマシーンの世界トップブランドであるIGT社なのです。

※ソースはウィキペディア。

RWB Solutions
ttps://rwbinter.com/

RWB Solutions International ltd – ホーム | Facebook
ttps://ja-jp.facebook.com/RWB-Solutions-International-ltd-264021601003926/

ブックメーカーのeスポーツとは?

ブックメーカーのeスポーツ

冒頭にもお伝えしましたが、eスポーツサッカーの日本代表の「サッカーe日本代表」に「鹿島アントラーズのWeb Nasri選手」と「SCARZのfantom選手」の2名が選ばれました。

この2人は今後、「サッカーe日本代表」として、チャリティイベントへの参加や国際大会へ向けて様々な活動に取り組んでいく計画があるようです。

今現在、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で、本来ならば開催されるはずだった「FIFA eネーションズカップ 2020 JFA予選」など各スポーツ関係はキャンセル続きですが、今後はこうしたeスポーツの「サッカーe日本代表」のように、eスポーツの認知が進むと共に今後の社会情勢にあわせて自宅などからのリモートもどんどん盛んになっていくものと思われます。

ちなみにブックメーカースポーツ、またはスポーツブックマーク、呼び方はいろいろとありますがeスポーツを中心に様々なスポーツで掛けができるということです。

スポーツベッティングで稼ぐことは可能?

スポーツベッティングで稼ぐことは可能?

一般的にスポーツベットとは、ブックメーカーで好きなスポーツのサッカー、テニス、バスケ、野球、ラグビー、そのほかあらゆるスポーツに賭けることができる合法的な業者のことを指します。(この場合はブックメーカー)

スポーツベットまたはスポーツベッティングとは、オンラインカジノにおいて、世界中で行われているいろいろなスポーツの試合の勝敗に賭けることを指します。

普通にスポーツ観戦にギャンブルの楽しみもあわせて、観戦をより盛り上げることができますし、情報さえしっかりと収集しておけば(情報さえあれば)、しっかりと勝率をあげて勝てる分、パチンコなどよりもずっと稼ぐことができるので人気が高いです。

サッカーや野球はもちろん、テニスにバスケットボール、格闘技など様々なスポーツに賭けることができるので最近では副業として話題になってきています。

スポーツベッティングで稼ぐには、過去の戦績や各選手の情報などを分析してチャートをしっかりと見て予測することで、自分の好きなことでしっかりと稼ぐことが可能となります。

スポーツベットの評判について

スポーツベットの評判としては、スポーツ好きでオンラインカジノの初心者の方にとっては気軽に賭けることができるので評価は高いと言えます。

スポーツのイベントはそんなに多くは無いのですが、日本人が好むサッカーや野球、テニスなどのメジャーなスポーツがだいたいは揃っていますので、ここ最近でeスポーツに注力しているブックメーカーを探している方にとっても評判は良いのではないでしょうか。

スポーツベットの入金について

スポーツベッティングのサイトによっては仮想通貨だけではなく、法定通貨の日本円やユーロが使えたり、スクリル、ネッテラー、エコペイズ、エントロペイといった電子決済が可能なサイトもあるようです。

スポーツベットの入金でだいたいメジャーなものでは、クレジットカード(Master/VISA)であったりecoPayz、iWalletといったものを採用しているところが多いです。

ペイジー(Pay-easy)や銀行振込み、スティックペイ(STICPAY)などが可能なところもあります。

ミニーカジノはスポーツベットも楽しめます!

現在、ミニーカジノではeスポーツが180超、その他のスポーツではサッカーや野球、バスケットボールにテニス、チェスにダーツ、ハンドボール、アイスホッケーに卓球と様々なスポーツベットが楽しめます。

ブックメーカーを利用することで、世界中で行われているスポーツに賭ける(ベット)ことができるので、日本で行われているメジャーなスポーツのプロ野球、Jリーグ、バスケットボール、テニス、卓球などはもちろん、日本ではあまり馴染みがないような海外の珍しいスポーツなどにも触れることが出来てベットして賭けることができます。

オンラインカジノ【minny casino】へ無料登録

minny casinoバナー

最大55%まで報酬が貰える3ティアの超高還元アフィリエイト【minny casino】へ無料登録

アフィリエイト【minny casino】バナー