449 Views

グレートリセットはいつからなのか?借金はどうなる?株はどうなる?日本はいつ?
グレートリセットがやばいというのは本当か?資産はどうなる?株価は?
まあいろいろと不安はあるでしょうから今回も前回に続いて記事にしてみました。

ところでディズニーは良いですよね、ディズニー。
でも並ぶのは嫌なので、ファストパスが欲しいですね。買わなければファストパス。

※ファストパス「ディズニー・プレミアアクセス」がスタート。

ディズニーランドもディズニーシーも夢がありますね。

夢があるといえば、UFOも夢とロマンがありますよね。

ロマンといえば、最近666がよく揃いますね。笑

そういえばコロナの感染爆発がツイッターでトレンド入りしていました。怖いですね。コロナといえばワクチンですが、

Twitterではワクチン4回目の副反応は少ないか無いという方が多いみたいですね。

コロナワクチン接種後の副反応が3回目や4回目では前回のように多くはないという声もよく聞きますね。体内にまだ抗体あるのでは?と。感染した時の抗体とワクチンが合わさってより強力になると考えている方が多いようです。

そういえば中国のゼロコロナ対策で死者がすごいことになってますね。

超過死亡も今年はすごいです。

※参考情報
今年の超過死亡数が8月末の段階で、戦後最大数

そういえば最近では11月に入ったからか、Twitterではコロナに関する情報もよく見かけますね。超過死亡やらコロナワクチンがやたらトレンド入りしますね。

コロナ致死率 – Twitter検索 / Twitter

超過死亡 – Twitter検索 / Twitter

コロナワクチン – Twitter検索 / Twitter

まあ何が本当やらわかりませんけどね。なにが真実なのやら・・。

ただ、実際にコロナになって中等症まで進んで死にかけた私の体感としては、コロナは軽視などできないものだと思うし、あっという間に酸素飽和度が86とか70に下がって肺が真っ白になり、死にかけたぐらいなのでコロナは基礎疾患持ちには本当に恐ろしい病気で、予防接種も受けたほうが良いと思っていました。

まあとにかくコロナは甘くみない方が良いでしょうし、単なる風邪なんかでは無いと思います。特に高齢者や糖尿病など基礎疾患持ちには大変恐ろしい未知の病だと個人的には思っています。

冬になると血管も血流が悪くなりますし、脳梗塞とか心筋梗塞とかも怖いですね。

ネットではいろいろと言われていますが、果たして何が真実なのやら。

2023 エコノミスト表紙を再考察

いやはや。先日のエコノミストの記事がかなり好評のようでして、検索エンジンからの訪問がかなり多いみたいですね。

あとグレートリセットも人気のようです。

さて、来年2023年はどうなるのか?

2023年は世界経済の構造が大きく変化する始まりの年になるとも言われていますね。

それをグレートリセットと呼ぶのかどうかはわかりませんが、インドが23年には中国を抜いて人口で世界一となるとも予測されていますし、インドは27年には日本を抜いてGDPで世界3位となり、逆に中国は成長率が今後は低下を続けるとの見込みもあるそうです。

週刊エコノミストでは

週刊エコノミストでは以下のようにありました。

ついに“インドの時代” 人口世界一の見逃せない成長力 世界経済総予測2023(サンデー毎日×週刊エコノミストOnline)

日本のマクロ経済、サプライチェーン、石油業界などいろいろと気になりますね。

イギリスの政治経済誌『エコノミスト(The Economist)』では、『世界はこうなる』シリーズにて以下の『The World Ahead 2023』がでました。

個人ブログさんではいろいろと考察されていますね。

2023年の世界の予言。エコノミストの中に書かれた絵が示す未来とは?

エコノミスト2023では注射針が表紙から消え、エネルギー危機と戦争が前面に来ることを示唆しているとも考察されていますね。

グレートリセットで借金はどうなるのか?

ではグレートリセットで借金はどうなる?

グレートリセットで借金は全てチャラです ただし条件がございます…

こちらは経済クラブさんという何だかすごそうなチャンネルさんです。

【グレート・リセット】日本の金融システムが破綻したら?!

【イギリス金融混乱】住宅ローン取り扱い中止

上記の動画で触れられていたイギリス金融混乱については、下記の過去記事でも少し書いていましたね。

エコノミスト雑誌ですがロスチャイルド卿とか来年は変化が

来年は金融系がクラッシュ?米ドル崩壊?

来年は金融系がクラッシュ?など。

他にもネットのQ&Aとかでは、徳政令みたいな話ですかね?とか諸外国の借金削減政策は政府が新たな債券を発行して国民の借り入れを一部免除するというような形とか考察されていますね。

そういう感じよりも、そもそもグレートリセットとは、グレートリセットの定義とは「より良い世界をもたらすために、私たちの社会と経済のあらゆる側面を見直し、刷新すること」とありますからね。

世界情勢の改善に取り組む国際機関である「世界経済フォーラム(WEF)」が、2021年5月に開催するダボス会議のテーマを「グレート・リセット」にすると発表したことから、注目を集めていますが、陰謀論界隈では世界恐慌やらハイパーインフレ、デノミ、財産税みたいなふうに言われていますが、そうではないと思います。

世界経済フォーラムとグレートリセット

ICT技術やビッグデータがより活用される グレートリセットはICT技術やビックデータの活用を促進し、私たちの社会と暮らしをよりよいものにするためのものではと思います。金融崩壊やらアメリカ不況により不動産バブルの崩壊やらいろいろと噂されていますけどね。

一部では、
日本の中間所得層は完全消滅。“借金資本主義”の崩壊とか言われていますが、逆に株などの資産価格がかつてないほど上昇するという金融グレート・リセットなどの大きな時代の転換期がやってくるとも言われていますね。

戦後長く続いてきた社会経済システムや金融システムなど、あらゆるものが「ガラガラポン」になるのか。それとも巨大バブルがきっかけとなり金融グレート・リセットが起こるのか。まあ来年はいろいろと変化のある一年になりそうですね。

それにしても今年はイーロンマスクのツイッター買収やらでほんと色々ありましたね。

みなさんも自分の人生ですのでメディアの情報やネットのよくわからない情報を鵜呑みにはせず、自分の頭で考え前を向いて生きていきましょう。

以下の記事もおもしろいですよ!

グレートリセットはいつから?笑

グレートリセットで現物資産はどうなる?日本はいつ?ドル円のゆくえは!?

エコノミスト2023の表紙が発表!来年はどうなる!?笑

最近はコロナの報道が落ち着いて来てますが油断は禁物!

破壊と創造が流行り。創造的破壊の意味。

時代はキャッシュレス。いすれはコンビニが無人化。

ベーシックインカム。日本はいつでいくらか。可能性に迫る。

最新AIテクノロジーを駆使した自動運転に感動!