1,268 Views

社会の進化もまた、機械によるヒトの能力の強化・拡張と共にある。
ヒト・モノ・デジタルの融合による人体改造と人間拡張。

オーグメンテッド・ヒューマン

本来の感覚を強化する、あるいはAIと人体科学の融合による人機一体。オーグメンテッド・ヒューマン。近年起こっている技術革新はそのスピードが速いです。デジタル化が社会や経済の構造に与える影響は多岐に渡ると思います。オーグメンテッド・ヒューマン(AIと人体科学の融合)は直訳すれば「拡大」「拡張」といった意味。

ICT(情報通信技術)とIoT(モノのインターネット)

ICT(情報通信技術)とIoT(モノのインターネット)というネットに接続された様々な物理デバイスを統合。サービスの効率化と最適化によりどんどん生活が便利になる。

世の中はどんどん変化しています。

スーパーシティもどんどん進んでいますね。

伊那市「モバイル市役所」始まる

ウクライナ情勢は日本のデジタル通貨への布石ですし、大阪はスーパーシティ型国家戦略特別区域に指定されたばかりです。世界は着実にデジタル社会へ向かっていますね。

そういえばデジタルヒューマンの取り組みも始まりました。

松田優作さんをデジタルヒューマンで復活へ

今の時代ならではのプロジェクトですね。

松田優作さんを“デジタルヒューマン”として復活させるプロジェクト、東映が発表。

AIの優作さん。なんでも出来る世の中になってきましたね。

デジタルヒューマンといえば、以下の過去記事にも。
デジタルヒューマン技術…対話+感情表現型 コミュニケーションAI

東映のツークン研究所は31日、新たな映像表現を目指す取り組みの一環として1989年に亡くなった俳優の松田優作氏を「デジタルヒューマン」としてよみがえらせるプロジェクトを発表した。優作さんの妻・松田美由紀が監修を務める。

出典
AIで松田優作さん復元に挑戦 東映 – Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6422503

以下の記事もおすすめです!

近未来の生活と技術予測。デジタルツインとヒューマンデジタルツイン。

いずれは肉体労働もテレワークできる時代に!?分身ロボットとアバターの可能性

ニューラリンクと仮想通貨と仮想現実とメタバース

近未来アイテム!未来の暮らしの予想と分身ロボット

加速するデジタル化・仮想空間での生活と未来の生活スタイル

近未来の技術予測とアニメ「アクセルワールド」にみる仮想現実

2025年のテクノロジーとIoHインターネットオブヒューマン

人間拡張・ヒューマンオーグメンテーションと未来の生活予測

オーグメンテッド・ヒューマン(AIと人体科学の融合)は究極のIF