1,254 Views

近未来の技術のイメージは出来てますでしょうか?

50年後の未来技術とまではいかなくても・・
2030年代に実現したい未来の姿や未来の生活環境、未来の物など近未来のイメージというものは生活環境によっても変わりますが常に期待にワクワクしながら未来の生活をイメージしておきたいものですよね。

デジタルツインとヒューマンデジタルツイン

デジタルツインというのはそっくりそのまま、現実世界で得られたデータに基づいてオンライン上の仮想世界で同様の環境を再現・シミュレーションしたりする技術です。

ヒューマンデジタルツイン

今まさに「ヒューマンデジタルツイン」という技術が注目を集めていますが、VRやウェアラブル技術などがさらに発展し、生まれたときからの環境とのやり取りをすべて記録・学習すれば、情報的に、私と同じ振る舞いをするようなコピーができるかもしれません。

脳梗塞や認知症などでうまく話せなくなったとき、その技術によって、私のコピーが、より私らしく話すようになるかもしれません。私が肉体的な死を迎えたとしても、誰かが私に相談したいことがあるならば、恐山のイタコよりは、もう少し高い精度で私らしい答えをくれるかもしれません。

過去記事→デジタルツイン

そしてヒューマンデジタルツインというのはデジタルツイン+人間。ヒトのデジタルツインへの挑戦ということで、ヒューマンデジタルツインを活用した身体モビリティデザインやVRやウェアラブル技術などのさらなる発展により、ビデオモーキャップから運動解析・筋活動解析・データベースまでをクラウド計算したりとかこれまでにない様々な技術をいろんな分野で活用できる近未来の技術です。

参考
東大教授が語る「人がサイボーグになる」の現実度 | 読書 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース
https://toyokeizai.net/articles/-/445238?page=6
「ネオ・ヒューマン」が示す「未来の人類」の姿

ネオ・ヒューマンの書籍↓

ピーター・スコットモーガン氏のNEO HUMAN ネオ・ヒューマン: 究極の自由を得る未来。人気ですよ。

ピーター・スコットモーガン氏=人類初「AIと融合」した61歳科学者

ピーター・スコットモーガン
ピーター・B・スコット=モーガンは、イギリス・デヴォン州のロボット工学の科学者、作家、経営コンサルタント。筋萎縮性側索硬化症を患っており、自分自身をAIと融合した「ヒューマンサイボーグ」と表現している。 ウィキペディア
生年月日: 1958年4月19日 (年齢 63歳)
出生地: イギリス ロンドン
主な業績: 自身をサイボーグ化させた。
研究分野: ロボット工学
出典:ウィキペディア

世界初「サイボーグ化した男」に日本人が学ぶこと 危機を乗り越える「ネオヒューマン」の希望の力

人類初「AIと融合」した61歳科学者の壮絶な人生 「ネオヒューマン」の生活は喜びと希望に溢れる

雑誌『kotoba』の特集「人間拡張はネオ・ヒューマンを生むか?」と『ネオ・サピエンス誕生』。

人間の身体拡張 #ネオヒューマン の可能性。テレイグジスタンス技術や #アバター 技術、触覚技術など様々な新技術が出てきていますね。

「スキルをダウンロードできる時代」の到来
2030年には人の記憶やスキルを好きなようにアップロードしたりダウンロードしたり出来るようになりますから、いまの時代でいうアプリをダウンロードして楽しむような感覚なのでしょうね。

アバター卒業式

時代は進化していますね!

人間の身体拡張・ネオヒューマンとテレイグジスタンス技術とアバター技術

テレイグジスタンス技術
テレイグジスタンスを使うと、自分自身の分身ロボットであるアバターを使って離れた場所に存在できる。さらにバーチャルヒューマンをアバターで操作できる。

NEO HUMAN ネオ・ヒューマン
究極の自由を得る未来:全身が動かなくなる難病、ALSを患った科学者は、人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きることを選んだ。

ALSとは全身が動かなくなる恐ろしい難病です。ALSを患った科学者は、人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きることを選んだ。

AIはロボット3原則に縛られているままか?それともアシモフのロボット未来史のように神となるか

人間のゲノムを再設計して超人を設計するのはAIかもしれませんね。

アシモフのロボット未来史。

「ロボット三原則の論理的帰結」。

IoHインターネットオブヒューマンと人間解析技術

IoH(インターネットオブヒューマン)という用語をご存知でしょうか。
IoHとは、Internet of Humanの略称で、「ヒトのインターネット」のこと。

今後はヒトもインターネットと結ばれるようになり、モノのインターネットからヒトのインターネットへ。

未来技術IoH

再生可能エネルギーで駆動する脱炭素・デジタル社会/スーパーシティーの物流において、要となる技術の一つはIoT(モノのインターネット)だろう。あらゆるモノがインターネットでコンピューターやヒトとつながり、リアルタイム連携・コントロールと状況データの収集・活用が可能になれば、産業社会は異次元の進化を遂げる。例えばこんな具合に(脳内に埋め込んだICチップをWiFiでネットとAI〈人工知能〉に直結し…という未来技術IoH〈インターネット・オブ・ヒューマン〉も研究中だが、ここでは触れない)…。

出典
【菊田の眼 Logistics Insights】(13)日本海事新聞社顧問・L―Tech Lab代表・菊田一郎:脱炭素・デジタル社会の物流ビジョン3―オープンPF実現、 IoT・IoE・PIで物流SDGs達成!|日本海事新聞 電子版
https://www.jmd.co.jp/article.php?no=269061

IoAは、IoT(モノのインターネット)やIoH(ヒトのインターネット)の次の段階にあるとされています。
全てのモノのがインターネットにつながる時代。
IoH(インターネットオブヒューマン)の未来。

近未来の生活と技術では、社会の形も今とは大きく変わっているでしょうし働き方もいまとはまるで違うのかもしれませんね。

vrで五感は再現できるのか?

仮想現実とゲーム、そしてvr技術。IoHとヒューマンデジタルツインの今後は

以下の記事も関連記事です。

近未来の生活と技術予測。デジタルツインとヒューマンデジタルツイン。

いずれは肉体労働もテレワークできる時代に!?分身ロボットとアバターの可能性

ニューラリンクと仮想通貨と仮想現実とメタバース

近未来アイテム!未来の暮らしの予想と分身ロボット

加速するデジタル化・仮想空間での生活と未来の生活スタイル

近未来の技術予測とアニメ「アクセルワールド」にみる仮想現実

2025年のテクノロジーとIoHインターネットオブヒューマン