842 Views

近未来のテクノロジーとはどのようなものか?
10年後の生活スタイルは?
20年後の生活スタイルは?

未来の生活を予測するのは難しいものです。
ましてや2100年の未来生活など想像もできません。
ですが未来の暮らしを予想することはできます。

2030年の生活の変化は?
近未来のアイテムはどのようなもの?

いろいろと見てきましょう。

気分はタイムトラベラー!近い未来の生活がすごい!

未来の生活はどのように変化していくのでしょうか。
きっと未来の生活ではAIロボットが当たり前にサポートしてくれるはず。

未来予想!近未来の生活2025年・2030年の暮らしと技術革新世界

未来予想!近未来の生活2025年・2030年の暮らしと技術革新世界

これまで想像や夢でしかなかったことが実際にできちゃう世の中に変わるようです。
個人の生活、健康状態、労働状況などを常時把握し、
的確にアドバイスしてくれる医療ロボットやAIなど。

2030年までに、近未来のモビリティサービスはロボットで変わります。
われわれの生活様式をさらに激変させてくれるテクノロジーの進歩。

分身ロボットカフェがすごい!

分身ロボットカフェ

ハロウィーンの仮装をしたロボットが店内を行き交う。東京・日本橋に6月オープンした「分身ロボットカフェ DAWN ver.β」。接客などで活躍する分身ロボットを遠隔操作する「パイロット」は、難病や障害などで外出困難な人たちだ。

出典
外出難しい私 600キロ先の「分身」が広げる世界:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASPBR3VX2PBKUQIP014.html

ライフスタイルを激変させる近未来。
最先端技術として、そして医療の分野でもテクノロジーの進歩はいろいろと期待できそうです。

運動神経細胞が変性して筋肉が萎縮していく先天性の難病「脊髄(せきずい)性筋萎縮症(SMA)」。
トイレや入浴など24時間の介助が必要ですが、分身ロボットやテレノイド、
ジェミノイドといったリモートコントロールが可能なロボットや人工知能AIにより
テクノロジーの進歩の分だけ未来を明るくしてくれそうですね。

テレノイドは「怖い」?だが介護現場のさまざまな問題解決に期待

テレノイドr1

第一印象は「怖い」かもしれないテレノイド。
ですが介護現場におけるテレノイドの導入にはメリットがたくさんあります。
認知症高齢者の役に立つテレノイド。

遠隔操作型アンドロイドとして、高齢者向けサービスとして
いま遠隔操作ロボットのテレノイドは注目を集めています。

テレノイドと認知症

テレノイドr2
これまで話せないと思っていた認知症の人が、楽しそうに話せるようになる!
それは認知症ケアに役立つテレノイドのちから。
認知症の高齢者が「テレノイド」を抱きかかえて会話をすると
情緒安定効果等がみられるとされています。

6月21日は世界ALSデー

vrで五感は再現できるのか?

仮想現実とゲーム、そしてvr技術。IoHとヒューマンデジタルツインの今後は