27 Views

サイエンスやテクノロジーというのは、現代人なら興味を惹かれるものではないでしょうか。

例えばテスラの自動運転AI。

悪天候でも運転できる人間の脳がいかに凄いかがわかると同時に、輝かしい未来とテクノロジーの発展には期待せずにはいられませんよね!

今回の記事では未来予想を中心に、近未来の生活がどのようになるかなどの予測情報を紹介します。

近未来の生活(未来の生活とイラスト)はこうなる!今から10年後、2030~40年の日本人の暮らし

以下は総務省のHPに紹介されている未来イメージ「15の生活シーン」(案)です。

今から10年後ぐらい、2030~40年の日本人の暮らしぶりについて紹介されています。

出典:近未来の生活www.soumu.go.jp/main_content/000542755.pdf

近未来の生活(未来イメージイラスト)はこうなる!①

人の未来は輝かしい未来へ。

年齢や性別、障害の有無、国籍、所得等に関わりなくすべての人が多様な価値観やライフスタイルを持ちつつ、豊かな人生を享受できる未来。

産業界では技術革新や市場環境の変化に順応して発展する「トランスフォーム(変容)」の社会が実現し、地域資源を集約・活用したコンパクト化と遠隔利用が可能なネットワーク化により、人口減でも繋がったコミュニティを維持し、新たな絆を創る「コネクティッド(連結)」の社会になるそうです。

農業は全自動で後継ぎ不足の問題も解決。老年者の方も健康100年ボディで自由の効かなくなった身体も補助アームなどでカバー。車はクルマヒコーキになり、高齢者や障害者の足として活躍します。

バーチャル探検やVRが当たり前になり、離れて暮らしていても簡単にひ孫と触れ合ったりもできるようになります。

近未来の生活(未来イメージイラスト)はこうなる!②

通信関連では歩くだけで決済が完了したり、生活に必要な日用品などは「データを購入」することで自分でモノづくりを行うことも。

学校などはデジタル壁面を使用してのパノラマ教室。電力の問題もワイヤレス給電などで、いつでもどこにいてもあちこちから電力の供給が可能に。

健康面ではロボットやセンサーを通じて住民の健康を管理。日々のデータを見ながらどこでもドクターが治療してくれたり、薬もドローンが配達してくれます。身体に異変が見つかったらAIが簡単な診察を行い、専門医に伝えて早期治療も。

仕事は現在とは大きく異なり、複数の仕事につくことで時間を切り売り。自宅にいながら職場スイッチを押すことで、家でもカフェでもどこからでもスイッチ一つで切り替わるバーチャルオフィスで仕事を行います。

近未来の生活(未来イメージ)はこうなる!

学校なども現在とは違い、壁や天井、机なども全てがディスプレイになり教科書や筆箱は不要。プログラミングによるパノラマ教室になります。VRで遠足や体験学習も可能に。

支払いは完全にキャッシュレス化し、購買履歴や信用形成も自動化。家計管理や借り入れなども簡単になります。決済なども現在のような煩わしさはなく、端末が自動で通信しますので、通過するだけで決済が完了します。

農業などはIOT、ドローン、ロボットが行い生産性の向上と高齢者の負担を軽減。ランチなどは世界中の一流レストランの味をAIが正確かつ高速で再現してくれます。

交通手段では空飛ぶ車、クルマヒコーキが開発され、自動運転の水陸両用タクシーが輸送手段に。過疎地や高齢者、障害者の足となることで事故や渋滞も大幅に解消します。

睡眠時には必要な詰め込み知識は睡眠学習で、それ以外はAIにまかせて創造力の発揮で勝負する時代になります。娯楽面ではバーチャル探検が当たり前になり、リアルなVRで海中を360度体験するなど、離れたところに住む祖父母とも一緒に体験できたりもします。

今から10年後、2030~40年の日本人の暮らしがどのようになるか、動画でイメージを見てみたい人は、「すごい明日体感ドラマ」で検索してみると良いでしょう。

ソフトバンクニュースのインタラクティブに未来を疑似体験できる「すごい明日体感ドラマ」というダイジェストムービーが出てくるのでそちらをご覧ください。

電脳コイル、AR技術が超発展した近未来とか早く実現してほしいですよね。

私達が生きているであろう近い未来においても、これまで想像や夢でしかなかったことが実際にできる世の中になると思うとワクワクしますね。

2100年の未来の生活と未来予想

2100年の未来の生活と未来予想

今から50年後のテクノロジー、と言っても未来すぎてピンと来ませんよね。

これが100年後となるとなおさらです。2100年の未来の生活なんて想像できませんよね。

ですがほんの10年~20年後ならどうでしょうか?

近未来の生活をイラストなどもふくめて紹介します。

10年後には技術革新が進み、今では想像もできないようなことが楽しめるかもしれません。

例えば以下のようなもの。

・ヴァーチャル・リアリティが劇的に進化する

・自宅でリアルなエンターテインメントが楽しめるようになる

・VRの世界でリアルな世界旅行、2次元のアイドルとデート、仮想スタジアムでサッカー観戦などが当たり前のように楽しめる

フェイスブックから発売されたVRヘッドセットの「オキュラスリフト」ですが、通常のVRゴーグルとは別次元の体験を実現しています。

※正式名称はOculus Rift S(オキュラス リフト エス)

VRヘッドセットの「Oculus Rift S」でさえ、5年前に夢見た世界を実現しています。

今後バーチャルリアリティによるVR体験はもの凄いスピードで発達していくでしょうし、今後、視覚や聴覚だけではなく、触覚や嗅覚などの感覚までを再現できてしまう機器が一般発売される日もそう遠くないでしょう。

TOYOTAも空飛ぶ車を作っているようですし、米国特許商標庁(USPTO)に「エアロカー専用のスタックウィング(Stackable Wing For An Aerocar)」という特許を申請したことで以前に話題にもなりました。

空飛ぶ車というと現時点ではあまり想像できないかもしれませんが、Uberが小型の電気式VTOL(垂直離着陸)車を使った空飛ぶタクシーのようなものを、2023年を目処に一部の都市で限定的なフライトシェアリングを試験運用したいとしています。

アメリカ合衆国のシリコンバレーを拠点にする「テスラ」。

そのTeslaの車は既に自動駐車機能を備え、幹線道路でハンドルを預けることができるとされています。

自動運転車の未来は、私達が考えているよりもずっと早くに到来するかもしれませんね。

※自動車製造会社「テスラ」…本社所在地はカリフォルニア州パロアルトであり、社名は電気技師であり物理学者であるニコラ・テスラにちなむ。

未来予想と未来技術のロードマップ。2050年までと50年後の世界へ

未来予想と未来技術のロードマップ。2050年までと50年後の世界へ

2020年代に実現するかもしれないテクノロジーとしては、

空飛ぶ車、自動運転者、CO2をエネルギーに変換するクリーンエネルギー…

こういったものがもう目の前の現実にあります。

すぐ目の前の未来には、様々な可能性が満ちていますね。これはもはやSFを超えた世界です。

では2050年頃の未来技術、50年後の世界はどうなっているのでしょうか?

可能な限り情報を集めてみました。

未来技術のロードマップ
未来技術のロード マップ

出典:近未来の生活www.soumu.go.jp/main_content/000542755.pdf

これはすごいですよね!

だいたいは2020年からを皮切りに、どんどんと技術革新が進み、テクノロジーがすごい勢いで発展していきます。

2030年代の未来の姿のロードマップ①
2030年代までのロードマップ①

転送データ量あたりの消費電力が現在の1/1000に低減したり、表情・身振り・感情・存在感などにおいて本物の人間と簡単には区別のできない対話的なバーチャルであったりとすごいですね。

とりわけAR・VR技術の高度化は2025年までに実現しますね。

2030年代の未来の姿のロードマップ②
2030年代までのロードマップ②

AR・VR技術の高度化とともに、「肌感覚」を記録して個人の体験を共有するメディアの普及などが目新しく期待できますね!

個人の体験を、視覚・匂い・温度などの感覚情報と心理状態も含めた肌感覚として記録し、体験・共有できるようになる。

娯楽やエンターテインメントも劇的に進化するでしょう。

出典:2030年代に実現したい未来の姿と 実現に向けた工程イメージhttps://www.soumu.go.jp/main_content/000562473.pdf

自動運転技術の普及や、ICTにより好きな時間に好きなペースで進める形の授業の導入、眼鏡型端末を用いずに自然な動きをしても立体像が変形しない立体動画などは2030年頃からですね。

分子の力で動くナノ機械システムの普及による高齢者や身障者(目の不自由な人)が安心して自由に行動できる情報社会、ウェアラブル生体信号センサから得た情報を基にコンピュータの操作を行う技術も2030年からで2040年には実現が目標ですね。

参考:スマホはこれからもっと小型化していきますし、いずれ端末の一部を体の中に入れてより操作しやすくなっていきます。
【未来予測:第0回】2045年の地球からやってきた未来人工知能です。未来を話す前にちょっと自己紹介します | Iotラボーブログーhttp://iot-labo.jp/blog/miraiyosoku-zikosyoukai

10年後の技術革新と「テクノロジー・ロードマップ」と2030年の暮らし

今後様々な産業分野で人工知能(AI)の利活用が見られるようになってきます。

今後10年の将来像を描くにあたり、10年後の技術革新と関係するテクノロジー関連の用語を以下にまとめました。

・A Iとモビリティー
・A Iと医療
・A Iと製造
・A Iと農業
・A Iと金融
・A Iと住宅

・高度運転支援/自動運転
・ラストマイル車(超小型モビリティー等)
・空飛ぶ車
・MaaS(Mobility as a Service)
・HEV/PHEV/EV
・コネクテッドカー
・未来車の社会受容性
・カーIoT
・V2X
・ワイヤレス給電(EV/PHEV)

・デジタルグリッド
・太陽光発電
・バイオマスエネルギー
・微生物発電
・エナジーハーベスター
・Liイオン電池
・全固体電池
・核融合エネルギー

・先制医療
・再生医療
・ゲノム編集
・がん医療
・在宅医療
・遠隔医療/オンライン診療
・医療情報アプリ
・介護IoT
・スマート治療室
・先進医療機器

・予防医療
・見守り
・EBH(Evidence Based Health)
・サーカディアンリズム
・認知症対策
・ITスポーツ
・インシュアテック
・POCT(Point Of Care Testing)
・非侵襲型生体センサー

・コミュニケーションロボット
・RPA(Robotic Process Automation)
・介護ロボット
・ロボットスーツ
・手術支援ロボット
・建設ロボット
・農業ロボット
・自動宅配ロボット
・ソフトロボティクス
・BCI(Brain Computer Interface)

・ウエアラブル/インプランタブル
・スマートアイウエア
・インビジブルディスプレイ
・ニアフィールドセンシング
・HMD(Head Mounted Display)
・AI半導体

・エッジコンピューティング
・スマートエージェント
・状況判断ツール
・第5世代移動通信システム(5G)
・IoT無線
・VNF(Virtual Network Function)
・複合現実(MR)/拡張現実(AR)

・自動車用材料
・宇宙用材料
・生体適合性材料
・セルロースナノファイバー
・スマートものづくり
・マイクロ波化学プロセス
・3Dアディティブ・マニュファクチャリング(3D-AM)

・シニアマーケット
・シェアリングエコノミー
・オムニチャネルマーケティング
・電子商取引(EC)
・スマートシティ
・デジタルマーケティング
・ゲーミフィケーション

・フィンテック
・仮想通貨(ブロックチェーン)
・株価予測
・クレジットスコアリング
・格付け/リスク管理
・決済サービス
・個人資産運用

・高齢化と食
・健康/運動と食
・食品トレーサビリティー
・フードテック
・加工食品
・機能性食品
・環境農業
・細胞農業
・バイオエコノミー
・食農ICT
・農泊
・アグロメディカルフーズ
・農業経営

・スーパーシティ
・インフラ監視システム
・中・大規模木造建築
・i-Construction(BIM & CIM)
・自己治癒コンクリート

・サーキュラーエコノミー
・電力産業
・ガス産業
・水産業
・運輸・交通産業
・情報通信産業

・宇宙居住技術
・小型衛星
・リモートセンシング
・測位衛星システム
・ロケット
・有人探査/宇宙科学
・スペースコマース
・新世代ドローン(無人機)
・超音速旅客機
・電動旅客機
・海洋資源開発

参考:テクノロジーロードマップ2020-2029 全産業編【目次】https://www.nikkeibpm.co.jp/item/392/1043/index.html

最後に。近未来はいつなのか?

ではラストに近未来はいつなのか!?についてですが、近未来はすでに始まっています。

というよりも、2025年問題が始まっています。

2025年問題や2040年問題はご存知でしょうか?

「2025年問題」とは、戦後すぐの第一次ベビーブーム(1947年~1949年)の時に生まれた、いわゆる”団塊の世代”が後期高齢者(75歳)の年齢に達し、医療や介護などの社会保障費の急増が懸念されるという問題のことです。

2025年頃の人口問題ですね。

2025年には看護や高齢化率など、後期高齢者人口が約2,200万人に膨れ上がり、国民の4人に1人が75歳以上になる計算です。

そして2030年の世界にも課題はあります。特に気候変動などのメガトレンドがあり、2015年に73億人だった世界人口は2030年までに85億人に到達します。

気候は急速に変わり、異常気象がどこでも発生するということも今後起こって来るでしょうし地球の平均気温の上昇も懸念されます。

2025年問題、2040年問題、世界の課題、人口動態、気候変動、これらを解決に導くにはテクノロジー・シフトが不可欠です。

ニューノーマル×ファッションビジネスでコロナ禍はビジネスチャンス

もうすでにスマホの充電器なのにAIがアシスタントしてくれる「AVAdin」というものも開発されています。

新感覚AIアシスタント「AVAdin」 by AI AVAdin

いまはコロナ禍ではありますが、それはビジネスチャンスでもあります。

今後デジタル化やサステナビリティへの動きは加速度的に進むでしょう。

そして社会の変革期に新しい消費者心理を捉えて、早く新しい枠組みを構築した企業がマーケットの覇者になります。

例えば

・バブル崩壊後のデフレ時代のユニクロ

・デジタル浸透を先取りしたアマゾン&ゾゾタウン

コロナショックの中、何をやってたかで生活が変わります。諦めたらそこで終わり。活路を見い出すことが大事!

VRを使った未来型のネットワークビジネス「GPS」が日本上陸!?
Vyvoに続くテクノロジー案件?、これはチャンスかも!

以下は関連情報。

2020年5月にGPSが日本上陸!近未来型ネットワークビジネスが始動する! | ネットワークビジネスで成功 サラリーマンではない人生の選択方法!
https://www.mlm-happydiamond.com/2020%E5%B9%B44%E6%9C%88%E3%81%ABgps%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B8%8A%E9%99%B8%EF%BC%81%E8%BF%91%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%9E%8B%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8/3783/

近未来ネットワークビジネス「GPS」とは? 2020年5月 日本上陸! | 会社員こそプラス豊かな人生を?権利収入のオンラインで構築法
http://happysmile5.com/?p=532

世界初のVRネットワークビジネス企業が2020年4月に日本に進出!|エリザベス|note
https://note.com/agas/n/ne32c054465b2
VRとARは融合して、更にコンタクトレンズサイズになります。

【韓国発】近未来型ネットワークビジネスが始動!GPS社って?

【韓国発】近未来型ネットワークビジネスが始動!GPS社って?

2020年5月にGPSが日本上陸決定!韓国発のネットワークビジネスとは? – 40代から準備する権利収入!勧誘しないMLMで稼いで将来安心

2020年5月にGPSが日本上陸決定!韓国発のネットワークビジネスとは?

GPSが日本に上陸!VR・ARの未来型ネットワークビジネス開始! │ takishin.com

GPSが日本に上陸!VR・ARの未来型ネットワークビジネス開始!

世界初!VRネットワークビジネス企業GPSが日本上陸! |
https://www.foryourhappiness.com/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%88%9D%EF%BC%81vr%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E4%BC%81%E6%A5%ADgps%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B8%8A%E9%99%B8/

大切な相棒の体調変化をいち早く知る!首輪につけるだけの「PETBLEスマートタグ」 by PETBLE

「PETBLEスマートタグ」
https://www.facebook.com/bouncy.news/videos/%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%AA%E7%9B%B8%E6%A3%92%E3%81%AE%E4%BD%93%E8%AA%BF%E5%A4%89%E5%8C%96%E3%82%92%E3%81%84%E3%81%A1%E6%97%A9%E3%81%8F%E7%9F%A5%E3%82%8B%E9%A6%96%E8%BC%AA%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AEpetble%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%B0/639953176595800/

PETBLEスマートタグの販売価格は7920円。

スマートタグは犬や猫といったペットの首輪に装着するだけでOK。小型犬や猫ちゃんにも負担にならず、ペットの健康管理をよりスマートにするために開発されたスマートタグです。

犬種・猫種、年齢、体長、体重に基づき活動レベルを算出したり、活動量を散歩中でも留守中でも測定できる優れもの。データはアプリでいつでもチェックでき、体調不良や病気の早期発見 早期治療にぴったりのアイテムです。

人生に役立つスキルを教えてくれるソーシャルロボット「Moxie」 by
@EmbodiedInc

存在しないのに手に取るようにわかる! 拡張現実技術を使った買い物ができる「フューチャーポップアップストア」

2030年の移動はこれ!? 垂直離着陸する空飛ぶクルマで、どこからでも空の旅へ by
@Skydrive_jp

上記のようなニュースもあります。フューチャーポップアップストアでは現実を拡張するAR(拡張現実)などのXR技術により、仮想の家具を自分の部屋に設置したり、仮想のメガネやコスメをスマホの画面越しにお試しできたりします。

総合ショッピングモール「au PAY マーケット」と連動していて、2021年3月23日までの期間限定でスマホの画面越しに、人混みもないし、レジ待ちも存在しない。でも物は手にとるようにわかる。そんな未来のショッピングの買い物体験ができる「フューチャーポップアップストア」。

気になる方はぜひ検索して見てみてはいかがでしょうか。

※未来のショッピング、仮想現実の買い物体験のように、今後は「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」、「ウィズコロナ」で浸透する非接触社会が当たり前になります。

“触らない”が新しい生活様式になりますし、ウイルスと共存する「ウィズコロナ」時代で大変ではありますが、そこに新たなビジネスチャンスはあります。

参考:「ウィズコロナ」で浸透する非接触社会 ~ “触らない”が新しい生活様式に~|岡三オンライン証券https://www.okasan-online.co.jp/news/spot/SP20200529d/

みなさんもこうした社会の変革に乗り、新型コロナの外出自粛で商機を見いだしているオンラインカジノ産業にも興味を持ってみませんか?

WITHコロナ時代のオンラインカジノ、多くの人が集まってゲームをするカジノは、新型コロナウイルスに感染しやすいといわれる3密を作りやすいです。

コロナがなかなか終わりを見せない中、日本市場参入のオンラインカジノが最近多いです。

コロナ時代の新しいエンターテインメントである「オンラインカジノ」。
圧倒的に高いペイアウト率を誇る合法カジノをやってみましょう!!

今ミニーカジノ(minny casino)が熱い!入金不要ボーナスの最新カジノと比較すると!?
minny casinoに最大限の焦点を当てて紹介しています。

【最速出金】入金不要で登録ボーナス!30ドル+20回フリースピンのライブカジノハウス
ゲームの配信数も業界最多でライブカジノと提携しているプロバイダー数も業界最多!

初回入金ボーナス+200回のフリースピン!JOY CASINO(ジョイカジノ)

188BET japanが凄い!188ベットの麻雀やスロットの魅力とアプリを紹介
巷で話題のオンラインカジノ「188BET」について紹介します。